夏のきらめくメイク キラキラアイライナーで大人の目力

世界基準のキレイの秘密、教えます

 暑さと湿気の中で一生懸命化粧崩れと戦っているみなさん。

 夏だからこそ肌が自然に作り出す“ツヤ”を利用した美しいメイクを楽しみませんか?

 四季折々のきれいさは女性にもあって、ちょっと汗ばんだような夏の肌は、息づくようなセクシーさを感じます。それを無理やりマットにしようと粉をはたいても、光の中で不自然な厚化粧に見えてしまいますし、結局、皮脂と汗がメイクを崩してしまいます。要は自然の生理に逆らっていいことはない、ということなんです。

 それよりも、皮脂ともなじみ良く、太陽の光で立体感とハリを作るツヤ肌なら、同じ光できらめくポイントメイクとも相性が良く自然なので、エフォートレスでおしゃれな夏のメイクを楽しめます。今回は、そんなメイクのやり方を紹介しますね!

ヌーディーな肌を目指す

 まずは、きらめくメイクをいかすツヤ肌作りから。

 ポイントメイクのきらめきを、さりげなく見せるのが大人の女性。ツヤ肌は同じ光の効果で自然にマッチしますからオススメです。さらに、透明感のあるファンデで仕上げると、よりさりげなく楽しめるでしょう。

 透明感というのはカバーしないことではなく、必要なカバーをしつつ人肌そっくりに仕上げるということ。こういうファンデだと、補正してもまるで何も塗ってない素肌のように仕上がります。

 ほんのりと油分を感じるツヤ肌の質感は、汗や皮脂ともなじむので夏のメイクにはオススメです。ファンデを塗った時に乾かずにうっすらとクリームを塗ったようなツヤが残るものならオーケーです。

 普段リキッドやクリームファンデを使っている人は、仕上げにお粉をつけないでみてください。もしツヤが出すぎたら抑える程度にほんの少しだけパウダーを足したり、ツヤが足りなかったら少しクリームを足したりして調整してみましょう。目指すのはヌーディーに見える美しい夏肌です。

自然なツヤ肌のイメージ

夏のほてり感をイメージした唇

 ちょっと湿気を帯びたツヤ肌には、火照りを感じる唇なんていいと思いませんか?

 唇にほんのりと赤みと深みを足してくれるような色を試してみましょう。

 口紅は深い色を選んで唇が透けるくらいに薄めにつける感じで。きらめきが足されて、夏の光を感じるオシャレな雰囲気になりますよ。

 華やかにするなら、ピュアーな感じをもたせるといいですよ。そのためには、透明感を感じるグロスをオンしましょう。色むらのない唇ならグロスだけでも仕上げることはできますが、ちょっと補正したいなら、好きな色のリップスティックを少量つけて色むらをなくした後に、グロスで仕上げてみてください。

きらめく視線を作ろう!

 夏を感じるメイクに必要なのは、ドキッとさせる視線です。昔なら目ヂカラメイクっていうことになるのでしょうが、アイメイクは下手に“盛る”と多くの場合は暑苦しい厚化粧に見えるだけで、あなたの魅力を消してしまいます。夏の光にきらめく、美しい「ツヤまぶた」を目指しましょう。

ポイント1〜粉っぽいアイシャドーは使わない

 せっかく肌も唇も夏の湿気を感じるツヤ感を大切にしているのに、アイシャドーが粉っぽかったら台無しです。塗っても粉っぽくならないアイシャドーか、クリームタイプを探して使ってくださいね。

ポイント2〜コンシーラーなどのアイリッドベースは使わない

 よくまぶたの色素を気にして一度アイリッドベースやコンシーラーで白肌にリセットしてから再びアイシャドーを塗る人がいますが、なぜわざわざ一度くすみを消してからまた同じようなアイシャドーの影色を塗るのでしょうか? まぶたの薄い皮膚に厚い化粧膜を乗せているのでは不自然な厚化粧に見えてきますので、出来るだけ無駄なレイヤーは避けたいものです。

 まぶたの色素はくすみと思わずに自然の影色と考えて、そのベースカラーに程よくパールの色ツヤ、きらめき(ラメ)を足すことで、塗り過ぎずに仕上がります。

ポイント3〜軽やかに夏の輝きを感じる目力アイライナー

 ドキッとさせる視線には、やっぱり目元を目立たせるアイライナーが必要です。

 だけど普通のアイライナーだと人によって強くなりすぎて暑苦しい印象になったりします。そこで、アイライナーを細く描いたりちょっと軽い色にしたりしていると思いますが、そのほかにきらめきを使って夏らしく軽やかにもできるので、ぜひトライしてみてください。

 まず普通のアイラインを細めに、しかも目尻だけに引いてアイライン効果を保ちつつ軽くします。そして目の下や黒いアイラインを引いた目尻以外の部分に、透明感のあるキラキラライナーを入れてみましょう。夏の光の中できらめく透明なラインが目元を軽やかに強調します。

 こんなふうに、夏の暑さと光を味方につけたオシャレなメイクを楽しんでくださいね!

◇◇◇

撮影=五十嵐 隆裕(SIGNO

使用商品

キッカ フローレスグロウ ソリッドファンデーション YB-01

キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 04

キッカ メスメリック グラスリップオイル 08

キッカ リッドフラッシュ05

キッカ フローレスグロウ リッドテクスチャー アイシャドウ EX10

キッカ スパークル&ポットライナー EX03

※限定品のため、完売している商品もあります。

【あわせて読みたい】

UV対策をしながら美しい夏肌を作ろう!

まつげのスタイリング、始めませんか

マスカラのつけ方を変えて、目力をアップ!

大人のポイントメイク 厚化粧に見せない透明感のある色遣い・唇編

厚化粧から卒業! 自然に見えるお肌の作り方