春のトレンドメイクに映える、つやっと透け感のある肌

春メイク

 春到来! ファッションが軽やかになると、メイクも春色にチェンジしたくなります。でも、「トレンドカラーを使い過ぎると、やぼったい顔になる」「旬のメイクをうまく取り入れられない」……。新しいメイクへのチャレンジには、迷いや悩みがつきもの。そんなアナタに、メイクアップアーティスト・長田博文さんが、オススメの春メイクをご紹介します。

 今年の春のトレンド、「ふんわりまゆ毛」「ふっくらくちびる」が映えるのは、「つやっと透け感のある肌」。

 春メイク特集の1回目は、内側からみずみずしく、透明感のある「つや肌」メイクのコツをご紹介します。

潤いのある下地を作る

 (1)メイク前にしっかり保湿することが大切。フェイスクリームを顔全体になじませ、肌に潤いを閉じ込めたら、さらに保湿力のある下地クリームを塗ります。このとき、むらができると化粧崩れしやすくなるので、丁寧に塗ること。

保湿力のある下地クリームを丁寧に塗り込む

 (2)コントロールカラーで顔の中心を明るくします。左右の頬、額、あごの4か所にコントロールカラーを置いて、内側から外側にのばします。まぶたのくすみなど、気になるところにも塗りましょう。

 (3)色むらがないように指の腹でたたき込むようにのばします。小鼻の脇も崩れやすいので、しっかりたたき込みましょう。手のひらで押さえて密着させると、化粧崩れがしにくくなります。

ファンデーションを塗る

 (1)手の甲に取ったファンデーションを顔に近づけて、肌に近い色を選びます。

 (2)ファンデーションをブラシに直接なじませます。左右の頬、額、鼻、あごの5か所にファンデーションをのせます。

 (3)顔の中心から外側に向かって、ファンデーションが均一にのびるようになじませます。気になるところは、指やスポンジでのばしましょう。

ファンデーションは中央(三角の赤い部分)を厚めに、フェイスライン(緑の部分)を薄めに塗る

 (4)コンシーラーを使わず、口角の際、小鼻の脇などは、ファンデーションを重ね塗りします。

 (5)小鼻の脇は化粧崩れしやすいので、しっかり塗り込みます。

 メイク:長田博文/撮影:星野耕作/モデル・加茂光和子

【使用した化粧品】

<フェイスクリーム>エクストラ インジュビネート トリートメント/ジュレリッチ・全薬工業/7875円(税込み)
左から、<加湿クリーム>ミストインクリーム/ヌーディモア・クチュール/5184円(税込み) <コントロールカラー>アーティUVベース/アンサージュ・山田製薬/3996円(税込み)
<リキッドファンデーション>レソンシエル 02C ライトクール/ゲラン/7560円(税込み)

長田博文
長田博文(ながた・ひろふみ)
ヘア&メイクアップアーティスト

 トレンドにとらわれず内面から引き出される美を追求し、それぞれの個性を生かすメイクに定評があり幅広い層に支持されている。現在では第一線で国内外の女優・アーティストのヘアメイクに従事。 和装ヘアメイク、着付けにも定評あり。

星野耕作
星野耕作(ほしの・こうさく)
カメラマン

 1979年、東京生まれ。日本大学生産工学部卒 元メーカー子会社勤務 デジタルカメラの開発に携わる。写真家・テラウチマサト氏に師事しフリーに。現在、ポートレートを中心にファッション、ムービーも撮影、雑誌、カタログ、 CDジャケット等で活動中。

KOUSAKU HOSHINO PHOTOGRAPHY