春ブラウス1枚でかなえる、きれいめコーデ

宮田理江のモード日和

 春本番を迎え、おしゃれも軽やかさを意識したいシーズンになってきました。1枚で着てもエレガントに仕上がるブラウスは、薄着の季節に頼れる存在です。ディテールが凝ったタイプや、優美なフォルム、注目のシアー(透ける)素材など、豊富なバリエーションがそろっているから、今シーズンはさらに使い勝手がアップ。この春デビューした新ブランド「MAISON SPECIAL(メゾン スペシャル)」のブラウスを手がかりに、特徴・タイプ別の着こなしをつかんでいきましょう。

「プリーツ、レース」ディテールでモダン上品に

プリーツの縦長ラインとパンツがシャープに響き合いました
胸下からの切り替えでウエスト位置の高い、立体的な着映えに

 見慣れたブラウスも、プリーツやレースといったディテールで表情を出せば、1枚で主役級に。プリーツはきちんと感を印象づけやすいので、お仕事ルックにもなじみます。白いブラウスなら、ボトムスに鮮やかな色を持ってくることでコントラストがくっきり、白特有の清潔感が引き立ちます。

 甘めなカラーでも、プリーツと組み合わせることでモダンな雰囲気に。トレンドカラーに浮上してきたくすみパステルトーンのライラック(薄めの紫)は、ベージュ系パンツとも好相性です。

「袖コンシャス、ウエストマーク」フォルムで優美な着映え

真っ白なパンツで、ブラウスのチェック柄を際立たせました
全体を近い色味で整える「ワントーン」のコーディネートは薄着でも上品に映ります

 前後をスイッチして、別々の雰囲気で着られる「2WAY」のブラウスは、着回しパターンもぐんと広がりそう。ウエストベルトを使って、絞ったりゆるめたりして、着映えを変えるアレンジも試せます。

 カシュクールタイプのブラウスは、ウエスト周りのアレンジを楽しめます。麻のような風合いのメッシュ素材にプリーツがランダムに施されていて、袖の量感と合わせて、ドラマチックな着映えに仕上がっています。

涼しげな「シアー素材」でフェミニンな清涼感

控えめの透け具合が、上品フェミニンなムードに
上からサテンキャミソールを重ねて、サマーレイヤードにアレンジ
ブラウスの前を開けて、ジャケット風に羽織る着こなしも選べます

 ほんのり透ける「シアーブラウス」は、初夏にぴったりのさわやかな印象です。透け感を生かして、レイヤード(重ね着)を楽しむのも。濃い色のボトムスを合わせれば、トップスの透け感が際立ちます。刺しゅうのような立体感が楽しめるブラウスなら、1枚でも存在感を発揮してくれます。

 春から初夏は1枚で、夏場には羽織り物として使うこともできそうです。

 ブラウスが重宝されるのは、仕事とプライベートで兼用しやすいから。「メゾン スペシャル」は、ビジネスシーンで服装の自由度が高まっている中、オン・オフを問わず、ファッションを楽しむ大人の男女に向けたブランドです。ナチュラルな素材を生かしつつ、快適さやトレンド感を盛り込んだ装いを提案しています。上品で優美、涼しげと、魅力がたくさん詰まったブラウスを、この春夏のおしゃれに役立ててみては。

(画像協力)
メゾン スペシャル オンラインショップ

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト