えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 遊び心にあふれるメイク術

Beauty

 だんだん暖かくなってきて、ファッションもメイクも、カラフルなものや遊び心あふれるものに心ひかれます。そこで、気になるのが『ボヘミアン・ラプソディ』のメアリー役でも話題になった新イットガール、ルーシー・ボイントンのメイクです。

春満開! シャーベットピンクの華やかメイク

 ルーシーを担当するのは、メイクアップアーティスト、ジョー・ベイカー。レッドカーペットから雑誌や広告の撮影まで、ユニークなアイデアでモードなルーシーの魅力をさらに引き立てています。

 花々に同化するような、春を思いっきり感じるメイク。ファッションフォトグラファーのニック・ナイトの作品からインスピレーションを受けたのだそう。

 シャーベットピンクをまぶたの上にはもちろん、目の下や唇にもしっかりのせていき、強く仕上げた眉やまつげでぼやけた印象になるのを回避。イースターなどのイベントで、まねしてみたい!

子ネコ、電線、キル・ビル…。斬新なアイラインメイク

 風変わりなアイラインが特徴的なメイクは、ルーシーが着ているシャネルの衣装のリボンにインスパイアされたもの。

 目を伏せるとまるで子ネコの耳のよう。でもパッと目を大きく見開くと、ネコの目のようにも見えて、ルーシーの瞳をさらに印象的に見せています。

 アイライナー使いが斬新なメイクは、ほかにも!

 こちらはゴスなムード。平行に引いたアイラインがまるで電線のよう。

 イエローのアイシャドーと合わせた、『Kill Bill(キル・ビル)』メイク!

魚のしっぽ? 芸者風メイク? 色使いがアーティスティック

 鯛のしっぽのように入れたアイシャドー。絵画のように美しい! 鯛は鯛でも金目鯛かな!? ゴールドがグラマラスなメイクは、オメデタイ席にぴったり。

 目のまわりや頬骨にまでピンクを広範囲にのせた、芸者を彷彿とさせるメイク。ルーシーやヘアメイクのジョーの出身であるイギリスでは、雨が降ると学校でピンク色のカスタードをかけたスポンジケーキが配られる習慣があるのだそう。

 このメイクは、そんな学生時代のハッピーな思い出からインスピレーションを得ているみたい。下まつげのキワにはピンクのマスカラをたっぷりとのせて、遊び心は十分。

ブラウンメイクに飽きたら、プレイフルなメイクで春を楽しむのもアリ!

 ハリネズミ、夕焼け、原宿ガール…など、まだまだ紹介しきれないほど、あらゆるシーンでメイクの冒険を楽しんでいるルーシー。

 固定概念に縛られない、自由で無限な可能性を感じるメイクのアイデアは、凝り固まったおしゃれ心を雪解けのように解放してくれます。

 オフィスになじむブラウンメイクばかりじゃ、つまらない…。そう感じたら、ルーシーのプレイフルなメイクを真似してみるのもいいかも!