春のトレンドアウター 着こなし術を徹底解説

宮田理江のモード日和

 まだ肌寒い春先から初夏まで役立つのが、かさばらないライト系アウターです。定番的なトレンチコートから注目のマウンテンパーカまで、選択肢はいろいろ。人気セレクトショップ「JOURNAL STANDARD relume(ジャーナル スタンダード レリューム)」のショップスタッフが披露したお手本コーディネートを参考に、使い勝手に優れたアウターの賢い着こなし方をつかんでいきましょう。

トレンチコートでフェミニンと落ち感を演出

 春アウターとして着やすいトレンチコートは、真冬タイプに比べ、軽やかな仕立てがポイント。気温の差が激しい春のコーデでは、レイヤードを組み立てて、トレンチを脱いでも寂しく見えないように心がけたいものです。

レース系の薄手生地ワンピースでたおやかさを印象づけて

 たとえば、フェミニン派はレースワンピースにトレンチを重ねて。トレンチ特有の紳士服テイストが、ワンピースの女っぽさを適度にトーンダウン。全体を落ち着かせてくれます。オフの日はトレンドのスニーカーで合わせてカジュアルにしても。

長め丈のニットベストで縦長感を増幅

 一回り大きめの「オーバーサイズ」の人気は続いています。トレンチに生かせば、のどかな着映えに仕上がります。ゆったりしたV襟のニットベストをざっくり羽織って、さらに落ち感を演出。コートの量感が生きて、ワイドパンツが軽やかに映る仕掛けです。

英国調のグレンチェック柄コートで端正にまとめる

 ロング丈のコートも、厚みを抑えたキルティング生地なら、軽快に着られます。ダブルフェイスのリバーシブル仕立ては、シーンに合わせて使い分けられるから、着回しに便利。英国の伝統的なグレンチェック柄は、装いにきりっとしたムードを添えてくれます。

リバーシブルは袖先の折り返しも決まります

 コートと同じロング丈のボトムスと組み合わせて、縦長イメージを強調するのが賢い着方。前を開けて、裏フェイスのキルティングをのぞかせると、立体的に見えます。
春夏のトレンドカラーになっているサンドカラーで自然体ムードを醸し出して。PVC(ビニール)素材の透明バッグで涼やかな雰囲気を寄り添わせました。

細身のボトムスでさらにシャープなシルエットに

 チェック柄の正統派テイストを生かして、オフの日ルックではグラフィックTシャツやデニムジャケット(Gジャン)などのカジュアル系アイテムとの重ね着も試せます。全部をストリート風味でまとめないで、センタープレスを効かせた白パンツを合わせることできれいに仕上げます。大人顔コートを着回すのに役立つスタイリングです。

マウンテンパーカで軽快さとボリュームをまとう

 名前の通り、登山やハイキングで着るマウンテンパーカを街着に取り入れるコーデが盛り上がっています。アウトドアの代名詞的な羽織り物だけに、ほどよいアクティブ気分が備わって、春夏らしい軽快な着映えに整います。雰囲気の異なるウェアと組み合わせると、全体にこなれたテイストにまとまります。

フード部分の立体感が小顔効果まで発揮してくれそう

 ロマンチックな花柄のマキシ丈スカートは、アクティブなマウンテンパーカとのクロスオーバーで、ムードをほどよくずらせます。スカートやワンピースなどの甘いムードをそぎたいときにも役立つアウター。天気が不安定な春に、フード付きのマウンテンパーカは心強い存在です。

パーカの袖先を開いて、シャツ袖をのぞかせて

 シャツならではの「きちんと感」を生かせるシャツワンピースは、薄着になっていく春夏に重宝します。マウンテンパーカをオンすれば、立体感が出て、着痩せ効果も引き出せそう。デニムパンツとのレイヤードで、気負わない雰囲気にアレンジ。キャップで視線を引き上げ、差し色のレッドシューズでアクセントを添えています。

透けるシアーコートで涼やかレイヤードに

 袖がほんのり透ける薄手のコートは、夏まで着られる、使い勝手に優れたアウターです。この春夏のトレンドでもある、透け感を装いに上手に取り入れる生かし方は、袖や裾での「部分透け」。素肌が見えすぎない、控えめの透け加減がほのかなフェミニンを薫らせます。

色味と素材感を少しずつずらす組み合わせでやさしげトーンに

 ボヘミアンな気分を帯びたフリンジ裾のスカートに、透け感のあるシアーコートを合わせ、足元はスニーカーで弾ませました。アイボリー系のワントーンで全体を整え、清潔感とさわやかさを両立。それぞれに異なる質感が着姿に動きを添えています。

デニムルックにもさりげない品のよさが備わります

 軽やかな着映えのシアーコートは、しなやかな見え具合が、大人女性にふさわしい、肩ひじ張らないムードに導いてくれます。ゆったりとした幅のワイドデニムで、優美なカジュアルコーデにまとまりました。

 かつては秋冬のイメージが強かったロングアウターですが、近年では春夏にも出番が広がりました。春先から初夏にかけては、意外に温度が不安定で、薄手の羽織り物が頼りになります。インナーやボトムスなどのそれぞれの持ち味を生かし、マルチに着こなして、春のレイヤードスタイルを楽しんでみてはいかが。

(画像協力)
ジャーナル スタンダード レリューム
特集ページ

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト