襟なしジャケットで春さわやかに

Beauty

腕まくりしても、肩から羽織るようにかけてもシルエットが美しいジャケット(東京都港区の「ユナイテッドアローズ」のオフィスで)

 春は人事異動や行事などで、きちんとした装いをする機会が増える季節。襟なしのノーカラージャケットは、1枚羽織ると、さりげなく全体のスタイルが決まる優れもの。仕事でも休日でも着られるデザインを選べば、着こなしの幅を広げてくれる。

オンオフとも着こなしに幅

 ユナイテッドアローズ(東京)のビジネス向けブランド「ワークトリップ アウトフィッツ グリーンレーベル リラクシング」では、さらりと羽織れるノーカラージャケット(1万5000円=税抜き)が20~30代の働く女性を中心に人気だ。

 しわになりにくいストレッチ素材で、自宅で手洗いできる。春の新作は、内側にペンやスマートフォンなどを収納できるポケットを付け、さらに機能性を高めた。肩の部分にタックが入っているので、首回りがすっきりと見える。

内側には二つのポケット(東京都港区の「ユナイテッドアローズ」のオフィスで)

 担当の藤野かりんさんは「ノーカラージャケットは、カーディガンのように気軽に着られるので、スーツほどかしこまらずに、きちんとした感じを演出できます」と話す。急に上着が必要になった時に備えて、職場のロッカーに畳んで置いておく人も多いという。

 ライトブルーのジャケットをラベンダー色のカットソーと白のパンツに合わせると、爽やかな雰囲気になる。ネイビーのジャケットは、ストライプのシャツワンピースに合わせるとカジュアルにも着られる。腕まくりをしてもしわになりにくいので、休日にも重宝しそうだ。

 女性向けブランド「ピンキー&ダイアン」は、流行のグリーンなどを基調とした、ツイード素材のノーカラージャケット(3万8000円=税抜き)を展開している。

ツイードに使われている色で全体をまとめる(マロニエゲート銀座2で)

 マロニエゲート銀座2(東京都中央区)の店舗スタッフは「春のジャケットは、秋冬の商品よりも色合いがカラフル」と話す。色は華やかだが、シンプルな形なので、オンでもオフでも着回しがきく。

 オフィスで着るなら、膝丈のタイトスカートや白のブラウスと合わせる。ツイードに使われている色のスカートやブラウスにすれば、落ち着いて見える。

 一方、カジュアルなTシャツやデニムを合わせれば、休日仕様にもなる。Tシャツをネイビーと白のボーダーシャツに変えると、今年らしいマリンテイストに仕上がる。春先のおしゃれを楽しみながら、寒さ対策もしたい時期に最適だ。