機械式時計女子 パネライ…普遍の機能美を持つ「ルミノール」

マリ・クレール スタイル

パネライ「ルミノール ドゥエ スリーデイズ オロロッソ 42㎜」/手巻き、ケース径42㎜、レッドゴールド、アリゲーターストラップ/245万円(パネライ/オフィチーネ パネライ)(c)PANERAI

 カモフラージュ柄にフライトジャケット、カーキベージュ……。2019年の春夏コレクションでも、ミリタリーテイストはまだまだ人気のご様子。元来は男性的であるはずのミリタリーのレディースへの引用は、ジェンダーレス時代の一つの象徴とも言えるでしょう。

 ミッション遂行を目的として生まれた軍用の服や道具は、どれも究極の機能美を有しています。MA-1しかり、ジープもしかり。腕時計もまた、同じ。過酷な環境下で使われるミリタリーウォッチは、防水性や耐久性、そして視認性に優れています。

 現行の腕時計に、軍用をルーツ、あるいはモチーフとするモデルが数多いのは、これらの性能を追求した機能美を有しているから。「パネライ」の腕時計は、そうしたミリタリーウォッチをルーツとする一つです。

 1993年に、まずイタリア市場向けとして、そして、97年に世界デビューを果たした「パネライ」の「ルミノール」シリーズは、一目でそれと分かる特徴的なデザインを備えています。

 クッション型の大型ケース、ダイヤルの4方向に置いた大きなアラビア数字、そして半円状のリューズプロテクターなどなど。これらは、38年から製作してきたイタリア海軍用のミッションウォッチからの引用。

 リューズプロテクターは、防水性と耐久性を高めるため、大きなケースはダイヤルを広げ、4方向のアラビア数字が針位置の目安となって、海中での時間の読み取りを容易にする──。軍用としての必然性から生まれた普遍の機能美を持つ「ルミノール」は、大ヒット。大型時計ブームを巻き起こしました。

 レトロなクッション型がミリタリー感を和らげ、とりわけ薄型の「ルミノール ドゥエ」のゴールドモデルは、華やかさも併せ持ち、颯爽と街を闊歩するアクティブな女性にも似合う、ジェンダーレスな1本です。

「ルミノール ドゥエ スリーデイズ オロロッソ 42㎜」
 2016年に誕生した、薄型のコレクションからの1本。自社製の手巻きムーブメントを、トランスペアレントな裏蓋から覗かせています。フレームやグリッドを残したスケルトン仕様が、なんともモダン。リューズで完全にゼンマイを巻き上げれば、3日間動き続け、針合わせ時には秒針がゼロ位置に自動で戻り、秒単位まで時刻が合わせられます。軍用由来の大型ケースはゴールドで豪華さを増し、特徴的なダイヤルはホワイト×ブルーで華やかな装いに仕立てました。ストラップのブルーも、鮮やか。今の季節、ニットの上から着けるのもお洒落。(c)PANERAI

髙木教雄(たかぎ・のりお)
ライター

 1962年生まれ。時計を中心に建築やインテリア、テーブルウェアといった「ライフスタイルプロダクト」を取材対象に専門誌や雑誌で幅広く執筆。スイスの新作時計発表会の取材も、99年より継続して取り組んでいる。独立時計師フランソワ・ポール・ジュルヌ著『偏屈のすすめ。』(幻冬舎)の監修・解説も担当。

機械式時計女子をまとめた特集ページはこちら

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。