帝政ロシア時代の内装を再現 魅惑のカフェ・プーシキン

マリ・クレール スタイル

(c)Pauline Darley

 パリの街には豪奢ごうしゃな内装を誇る古いカフェが多く立ち並びます。そのほとんどは19世紀後半のアール・ヌーヴォー時代にできたものか、あるいは20世紀初頭のアール・デコ時代のもので、パリの高級レストランやブラッスリーでは大抵このどちらかの様式が見られるのです。

 しかし、時には予想を裏切る建物に出会うこともあり、例えば去年マドレーヌ広場にできたばかりのサロン・ド・テ、「カフェ・プーシキン」もその一つでしょう。

 「カフェ・プーシキン」はロシアのカフェチェーンですが、ヴェルサイユ宮殿もかくやというボワズリーやモールディングは素晴らしく、すべてが新品であるなんてにわかには信じられません!  以前は電話会社のオフィスが入っていたのですから、大きな変化ですね。

(c)Pauline Darley

 ロシアの職人たちが腕を振るって、パリの「カフェ・プーシキン」に絢爛けんらんな輝きを与えたのです。2階にある本棚の細工から金の装飾を施した階段まで、19世紀の帝政ロシアが見事に再現されています!

 パリに店を構えてはや数世紀といった風格で、内装はクラシックなフランス様式にマッチしたものですが、れっきとしたロシアのブランドです。名前もロシアの文豪にあやかっていますし、店内ではロシアのお菓子や料理を味わうことができますよ。特に蜂蜜はちみつでできたケーキ、メドヴィクは有名ですね。

(c)Pauline Darley

 「カフェ・プーシキン」が再現する帝政ロシアの華々しい時代には、フランスとも深い関わりがありました。当時パリはヨーロッパの中心だと考えられていて、どの国の王宮でもフランス語が話されていたのです。もちろん、ロシアのサンクトペテルブルクも例外ではありませんでした!

 実は「カフェ・プーシキン」誕生のきっかけとなったのも、1人のフランス人歌手だったといいます。1964年、ジルベール・ベコーがモスクワを歌った曲の中に、架空のカフェ「プーシキン」が登場したのですが、存在しないその場所を探して観光客が詰め掛けました。そうした経緯で、99年に本物の「カフェ・プーシキン」がモスクワに開店したとのことです。

ルイーズ・エベル
ルイーズ・エベル(Louise Ebel)
ファッションブロガー

 ファッションブログ「PANDORA」を主宰。フランス、パリ在住。子どもの頃から美術史と19世紀の世界に夢中となり、ファッションやアートへの関心も高く、大学で美術史を専攻。マリー・アントワネットやマルチェサ・カサティの世界が好き。ビンテージファッションやアンティークの小物の収集家としても知られる。

Pandora

ルイーズ・エベルのブログをまとめてチェック!

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。