パリコレ ディオールの女性デザイナーが見せる軽やかな美しさ 

Beauty

 9月24日から10月2日まで開催されていた2019年春夏パリコレクション。印象に残ったショーの一つがディオールでした。

 会場は、パリのロンシャン競馬場。真っ白な壁には、ピナ・バウシュの「私は人々がどのように動くかに興味はない。関心があるのは何が人を動かすのか、だ」という言葉をはじめ、イサドラ・ダンカンなどモダンダンスの有名な女性ダンサーの言葉が書かれています。

 会場は美しい照明で演出されていました。ショーがスタートすると、まさにテーマはダンス。振付師でダンサーであるシャロン・エイアル率いるダンスカンパニーL-E-V」の踊り手たちが舞う中、モデルたちが歩きます。

 ダンスの衣装のように軽やかで、肉体の美しさを見せるフォルムとヌードカラーの服が印象的。第2次大戦後世界的なブームを巻き起こした、ウエストを絞り込んだバージャケットの要素も盛り込まれています。またデニムやろうけつ染め、エスニック風の刺しゅうなどが施された服もありました。

 ディオールのアーティスティック・ディレクターであるマリア・グラツィア・キウリさんは、ディオール創業以来、初めての女性デザイナー。女性の社会的な地位の向上を常に考えているひとです。以前、ファッション雑誌「ヴォーグ」のインタビューに「フラワープリントだけでは女性を表現できない」と語るなど、フェミニストデザイナーとしても注目されてきました。

 展示会では、ショーに登場した服を間近で見ることができました。触れてみると、ヌードカラーの服は軽く、手の込んだ作りになっていました。チュールのドレスの下にネット状のボディースーツが合わせられていたり、プリントのように見えた部分が実は羽根で作られていたり。そして、上下で組み合わせを変えることができ、自分の持っている服とも合わせられるという点も、女性デザイナーならではの発想のようです。

 パリにあるディオールの店は、2018-19年秋冬のテーマである1960年代のポスターや雑誌の切り抜きを集めてプリントした布で覆われ、「WOMEN EMPOWERMENT」という文字も書かれていました。女性デザイナーが生み出す、女性を力づける服に注目です。 

  (読売新聞編集委員 宮智泉)