スカーフは想定外のアレンジが新トレンドに

宮田理江のモード日和

TOGA(トーガ)2018-19秋冬コレクション=ブランド提供

 2018―19年秋冬シーズンでは、スカーフがキーアイテムとして脚光を浴びそうです。エレガントな小物としておなじみですが、今季はまとい方が変わります。服とドッキングさせたり、ベルトのように巻いたりと、これまでの使い方とはひと味違うアレンジが登場。トップブランドが提案している新ルックを参考に、スカーフの魅力を再発見してみましょう。

スカーフ柄生かしてレトロ気分に

TOGA(トーガ)2018-19秋冬コレクション=ブランド提供

 古田泰子デザイナーが手がける「TOGA(トーガ)」は、スカーフのイメージを多彩に盛り込んでみせました。どこか懐かしくクラシックなたたずまいのスカーフ柄のブラウスは、レトロ気分を組み込みたい今の気分になじみます。ショルダー部分のボタンを外すと、程よく素肌をのぞかせることができます。同じ柄のスカーフで髪ごと覆って、貴婦人のような風情を漂わせました。スカートに切れ込ませたスリットからもスカーフ生地が見えています。

TOGA(トーガ)2018-19秋冬コレクション=ブランド提供

 スカーフを「着る」という新発想を大胆に表現したルックです。あでやかなスカーフ柄をジャケットに配して、素っ気なくなりがちなジャケットルックを華やかに彩っています。実はこのジャケットはリバーシブル仕立てです。スカートのほうも色・柄の異なるスカーフを組み合わせたような巻きスカートになっていて、スカーフ柄ならではの気品を帯びています。

TOGA(トーガ)2018-19秋冬コレクション=ブランド提供

 服にスカーフを組み込むという提案も用意されました。レザーコートの内側に大判のスカーフをドッキングさせたおかげで、マニッシュで硬質な黒革コートがフェミニンな印象に。このルックではそのまま垂らしていますが、外に出してマント風に見せるような使い方もできます。パンツはウエスト部分にスカーフを添えています。

使う場所を変えてみる

Maison MIHARA YASUHIRO(メゾン ミハラヤスヒロ)2018-19秋冬コレクション=ブランド提供

 スカーフは首回りが定位置ですが、使う場所を変えると着姿の印象を変えられます。三原康裕デザイナーの「Maison MIHARA YASUHIRO(メゾン ミハラヤスヒロ)」はストリートテイストやメンズライクな装いにスカーフを使いました。
 フード付きのスエットパーカはストリートルックの代表的なアイテムです。ところが、フードを締めるドローコード(引きひも)をスカーフに差し替えると、首元が女性らしい雰囲気に。リボン結びにしてボウタイ風にしたことで、品格が感じられる装いに仕上りました。

Maison MIHARA YASUHIRO(メゾン ミハラヤスヒロ)2018-19秋冬コレクション=ブランド提供

 スカーフを首から離すだけで、意外な印象が強まります。たとえば、ウエストのベルトから無造作っぽく垂らすと、無地のボトムスも華やかに。腰の左右それぞれに異なる色・柄・サイズのスカーフを添えれば、アシンメトリー(非対称)になって動きが出ます。

Maison MIHARA YASUHIRO(メゾン ミハラヤスヒロ)2018-19秋冬コレクション=ブランド提供

 18―19年秋冬に盛り上がりそうなのが、たっぷり膨らんだダウンや中綿を詰めてふくらませた、パフィ(ふわもこ)なアウターです。オーバーサイズのタイプのものに、腰から垂らしたスカーフをちらりとのぞかせれば、ほっこりとした印象の中にエレガンスが漂います。シャツの襟は片方だけ外に出して、スカーフとアシンメトリーにさせています。

 大人っぽさや気品を漂わせるスカーフは、1点取り入れるだけでも、装い全体を格上げしてくれるアイテムです。腕や腰などに使えばさらに着姿をリニューアルできるので、いたずらっぽく操る気持ちでスカーフアレンジを楽しんでみてください。

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト