変装して日本を満喫 ベラ・ハディッドに直撃インタビュー

マリ・クレール スタイル

(c)marie claire style/cover photo: Christian Blanchard /the licensing project /amanaimages /photo:TAG HEUER

 大手メゾンからメディアまで全世界を虜にしているミレニアルズ・モデルのトップスター、ベラ・ハディッド。「タグ・ホイヤー」のフラッグシップストアの移転オープニング・セレモニーに出席する彼女を運よくキャッチすることができた。連日イベントなど多忙なスケジュールの中で、ブロンドのボブ姿に変装し、「レベッカ・ハラジュク」という別名で東京を満喫したというベラの貴重なインタビュー。

最高の仕事をするためには、最大限の努力が必要

 「日本の文化や人が好きなの。だから自分の足で歩いて、ローカルな人々とコミュニケーションをとれたことが今回素晴らしい体験になったわ」

 前回の来日時には京都を訪れ、その美しさに感銘を受けたと語る彼女。その生き生きとした表情はモデルとしてポージングするときのクールな表情とギャップがあり、それもまた魅力的である。

(c)marie claire style/cover photo: Christian Blanchard /the licensing project /amanaimages /photo:TAG HEUER

 この日は赤チェックのミニワンピースに赤シューズを合わせ、ポップなコーディネートに身を包んだベラ。「タグ・ホイヤー」が彼女に捧げてデザインした限定モデル「タグ・ホイヤー リンク」についての印象を聞いてみる。

(c)marie claire style/cover photo: Christian Blanchard /the licensing project /amanaimages /photo:TAG HEUER

 「ダイヤモンドの輝きがとても素敵だし、普段はブラックのコーディネートが多いから、マットブラックのカラーで洋服にもとても合わせやすいの」

 モデルとして世界中を飛び回るベラ。キャリアは大切なものの一つ、と語る彼女がモデルを続けていくうえで心がけていることを教えてもらった。

(c)marie claire style/cover photo: Christian Blanchard /the licensing project /amanaimages /photo:TAG HEUER

 「いつでも手を抜かず、最大限に努力すること。仕事に限らず、どんなことでも達成するためには努力が必要。私はモデルという仕事に誇りを持っているし、最高の仕事をするために努力を欠かさず、全力で取り組んでいきたいと思っているわ」

(c)marie claire style/cover photo: Christian Blanchard /the licensing project /amanaimages /photo:TAG HEUER

 成功に甘えることなく、彫刻のように美しいボディラインをキープする努力を続けているベラ・ハディッド。短いインタビューだったが、それは美しさとかわいらしさを兼ね備えた彼女が、また日本を訪れてくれる日が待ち遠しくなるスペシャルな時間であった。

 text: Sumire Taya

【あわせて読みたい】
ファッション界も注目! it Girl 女優・佐久間由衣
三宅亮輔さん 天性のセンスを持つモデル

ベラ・ハディッド(Isabella Khair Hadid)
モデル

 1996年、ロサンゼルス生まれ。2歳の頃から姉のジジ・ハディッドと共にキッズモデルとして活動するも、学業を優先するため休止。2012年よりモデル活動を再開。ランウェイデビューは14-15年秋冬のニューヨークコレクション。これ以降、「ダイアン フォン ファステンバーグ」「マーク ジェイコブス」「モスキーノ」「ボッテガ・ヴェネタ」など有名ブランドのショーに出演。強い存在感と妖艶なスタイルで注目される。15年、「シャネル」「ジバンシィ」「ミュウミュウ」「ディオール」などのランウェイにも出演し、一気にトップモデルへ。18年2月、ローマ発ラグジュアリーブランド「ブルガリ」のアイコンジュエリー「ビー・ゼロワン」キャンペーンの新アンバサダーに起用。

マリ・クレール スタイルのPDFマガジンをチェック!

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。