にこるんが監修した“大人かっこいい”ウェディングドレス

ファッション

フェザーとグリッター散らしたヒッピー風ドレス

 モデル・タレントの藤田ニコルさん(20)が24日、都内で行われたウェディングドレスブランド「マリアローザ b.b.duo(ビービー デュオ)」の新作発表会に登場し、自身が監修したウェディングドレスを着てランウェイを歩きました。

 ビービー デュオのコンセプトは、海外で人気の「BOHO(ボーホー)」。マリアローザ(本社・東京都東久留米市)によると、BOHOとは、自由なスタイルを意味する“ボヘミアン”と、ニューヨークのトレンドを発信するエリア“SOHO(ソーホー)”を融合した言葉。ドレスやヘッドアクセサリーにフェザー(羽根)があしらわれていたり、1970年代のヒッピー風ファッションやネイティブ・アメリカンをイメージした個性的な装飾が施されたりしています。

 この日は、21着の新作ドレスをお披露目。藤田さんは自ら2着のドレスを着用しました。ウェディングドレスでのランウエイは歩きづらく、「こけたらどうしようと緊張しました」とのこと。

 初監修の感想を尋ねられた藤田さんは、「ハタチの自分がプロデュースしてもいいのかな?と思ったけど、楽しかった。すてきなウェディングドレスに巡り合えてうれしい」とニッコリ。「大人っぽく、かっこいい女性」をイメージしたそうで、「グリッター(細かいラメ)や羽根がいっぱいでかわいい。今まで見たことのないボヘミアンスタイルのドレス、いいんじゃない?」と満足げな表情を見せていました。

「いい人がいればいつでも結婚したい!」

 また、「結婚前に仕事でウェディングドレスを着ると婚期が遅くなるのでは?」と聞かれると、「古いんじゃないですか? そのたとえ。自分次第じゃないですか?」と笑顔で一蹴。「何歳で結婚したい?」との質問には、「いつでもいい。いい人がいて『結婚しよう』と言われれば。20代のうちに結婚したいです。25歳までに子供が欲しい。お母さんにウェディングドレスを見せたい」と親孝行な一面をのぞかせました。

 「どんな相手がいい?」と聞かれると、「マメな人。収入は関係ない」と答えましたが、「あくまで理想は高く。結婚式では自分のドレスを3着ぐらい着たい」と願望を語りました。(メディア局遠山留美)