春のおしゃれはNYで人気のスポーツラインで

宮田理江のモード日和

 ニューヨークで人気のブランドから、アスレチックなテイストの「スポーツライン」が相次いで登場しています。もともと機能性のあるファッションを得意とするNY。スポーティーで伸びやかな着こなしを楽しむトレンド「アスレジャー」が受け入れられていることも背景にあるようです。

 健やかさと着心地の良さを兼ね備えた都会的なおしゃれの魅力を、それぞれ異なるムードを持つブランドからキャッチしていきましょう。

TORY SPORT

TORY SPORT(トリー スポーツ)=ブランド提供

 エレガントでアッパーなムードで知られる「TORY BURCH(トリー バーチ)」から、2015年9月に登場したのが「TORY SPORT(トリー スポーツ)」。スポーツシーンだけでなく、普段使いもしやすいウエアをそろえています。

 自ら熱心なテニスプレーヤーでもあるデザイナーのバーチ氏が、スポーツの持つ優雅さを表現。ファッション性と機能性を両立させるデザインは、肩の力を抜いたエフォートレスなムードもあるので、様々なシーンで活用できそうです。

kate spade new york athleisure

kate spade new york(ケイト・スペード ニューヨーク)=ブランド提供

 フェミニンでロマンチックな「kate spade new york(ケイト・スペード ニューヨーク)」は、18年春夏シーズンから、アスレジャーコレクション「kate spade new york athleisure(ケイト・スペードニューヨーク アスレジャー)」を本格的に展開しています。アクティブな生活・運動に適した高機能素材とシルエット、速乾技術を活用したアイテムが用意されています。

 キャップやフード付きパーカ、細身のパンツなど、そのまま軽く走りに出られそうなスタイリングを提案。若々しく映る点もアスレジャーの魅力です。全身をスポーティーにまとめてしまわないで、フェミニンな柄をあしらったアイテムを1、2点まぜ込むと、着て行ける場所が広がります。

FENTY PUMA BY RIHANNA

FENTY PUMA BY RIHANNA(フェンティ プーマ バイ リアーナ)=ブランド提供

 歌姫のリアーナがスポーツブランド「PUMA(プーマ)」と組み、クリエイティブディレクターを務める「FENTY PUMA BY RIHANNA(フェンティ プーマ バイ リアーナ)」。プーマの伝統的なスポーツスタイルに、リアーナならではのあでやかさやエッジが加わっているところに特徴があります。

 18年春夏コレクションでは、モトクロスとサーフィンから着想を得た作品を披露。スポーティーなアイテムにビニール(PVC)素材やネオンカラーを合わせるなど、ミュージシャンらしいハイストリート気分を演出しています。

adidas Originals by Alexander Wang

 NYで人気の新スポーツラインに共通するのは、ストリート風味やアスレチックな風情、性別にとらわれない「ジェンダーレス」など、今の気分をけ合わせているところです。  
 実力派ファッションデザイナー、Alexander Wang(アレキサンダー ワン)が「adidas(アディダス)」と組んだ「adidas Originals by Alexander Wang(アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン)」では、アディダスの有名なロゴマーク「トレフォイル(三つ葉)」を反転させて話題を呼んだのも記憶に新しいところ。

adidas Originals by Alexander Wang(アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン)=ブランド提供

 茶目ちゃめっ気やユーモアも感じられるのが、この春夏らしい特徴でもあります。前向きな態度を印象づけてくれる点でも、春以降の活動的なおしゃれ気分にぴったり。着こなしに投入するアイテムの数次第で、スポーティーさの濃度をコントロールできるので、まずは1点使いから試してみては。

 キャップやスニーカーなどの小物や、パーカやライン入りトラックパンツなどのアイテムは取り入れやすいでしょう。フェミニンなスカートやサンダルなどと合わせてアレンジを楽しんでみてください。

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト