ミス日本グランプリ決定! ダンスが得意な会社員・市橋礼衣さん「夢の中にいるよう」

Beauty

左から、岡部七子さん、竹川智世さん、市橋礼衣さん、浦底里沙さん、山田麗美さん、霜野莉沙さん

 第50回ミス日本コンテスト2018が15日、都内で開催され、グランプリの栄冠は、愛知県出身の会社員、市橋礼衣のりえさん(23)に輝きました。

テーマは「羽ばたく行動美人」

 ミス日本は、女優の山本富士子さん、藤原紀香さんを輩出した伝統あるコンテスト。今大会のテーマは「羽ばたく行動美人」。外見だけでなく、内面と行動の“3つの美”が求められ、応募者2803人の中から、地区予選を勝ち抜いた14人が最終審査に臨みました。

グランプリを受賞した市橋礼衣さん

 最終審査は、着物、ドレス、水着の3部門で実施。着物の審査では、くるりと回転すると過去に戻るという設定で、「あなたは別の時代の別人になります。誰に変身しましたか?」という質問が投げかけられました。ファイナリストたちはそれぞれ、「幕末の日本を変えた坂本竜馬」「スターとして輝き続けた山口百恵さん」「独自の目線で日本を表現した葛飾北斎」など、ユニークな受け答えを披露。ドレスや水着審査では、ウォーキングや得意な決めポーズで美を競いました。

「あきらめなければ道は開く」

 グランプリ決定の瞬間、笑顔がはじけた市橋さん。会場に一礼すると、涙があふれ出しました。市橋さんの夢は表現者になって舞台に立つこと。中学時代にチアダンスで世界大会に出場。以後、ヒップホップ、ジャズダンスと計3回出場し、ヒップホップで世界一に輝きました。しかし、プロの道へ進まず、会社員として仕事に打ち込む日々を送ってきたそうです。

 「でも、夢があきらめきれなかったんです」

 昨年、ミスユニバースに応募し、愛知県大会で3位に終わりました。届きそうで届かない夢。もどかしくて、あきらめようかと何度も思ったそうです。しかし、今回、ミス日本にチャレンジして見事にグランプリを受賞しました。

受賞の瞬間、笑顔がはじけた

「まだ夢の中にいるようで、実感が湧きません。すばらしい賞をいただけてとても光栄です。今後はミス日本の発展に寄与していきたい。あきらめなければ、道は開くことを伝えたいです」と笑顔で話しました。

着物審査での市橋さん(左)、霜野莉沙さん
ドレスと水着審査での市橋さん。水着審査では、得意のポーズを披露

 受賞者は1年間、公的行事やボランティア活動などに参加します。

ミス日本コンテスト2018 スライドショー⇒

【第50回ミス日本コンテスト2018】

ミス日本グランプリ
市橋礼衣さん/23歳・愛知県・会社員

ミス日本「水の天使」
浦底里沙さん/21歳・鹿児島県・モデル

ミス日本みどりの女神
竹川智世ちせさん/20歳・和歌山県・近畿大学2年生

ミス日本「海の日」
山田麗美れみさん/20歳・東京都・東京音楽大学2年生

ミス日本ミス着物
岡部七子さん/18歳・埼玉県・東京大学1年生

準ミス日本
霜野莉沙さん/19歳・大阪府・早稲田大学1年生

動画を視聴するにはiframeタグに対応したブラウザをご利用ください