ダイエット&エクササイズなしで簡単におなか痩せする方法

Beauty

photo by Getty Images

 ちょっと食べ過ぎたり、運動不足がたたるとすぐにポッコリ出てくるおなか。あわててジムに行って腹筋をしたり、食事の量を減らしたりしても、油断をすれば(というか普通にしていても)またポッコリ。

 スーツやワンピース、ジーンズなどのシルエットもキマりませんし、お腹が出ているだけで何だかだらしなく老けた印象に。

 そこで、今回はダイエットやエクササイズをしなくとも、普段からお腹をスリムにできる方法を紹介していきます。

自分が考えている以上に水を飲む

 “アメリカ疾病管理予防センターによると、人は1日にグラス8杯ほどの水分をとらなければならないのに、43%の人がその半分以下しか摂取できていないそうです。「Journal of Human Nutrition and Dietetics」では、水分を摂らない人よりも、よく摂る人の方が1日最高206カロリーも多く消費していることがわかりました。「Eat This, Not That」より翻訳引用”

 たかが水分、と思われるかもしれませんが、毎日意識してたくさん飲むのと飲まないのではウエストラインにも差が出てくるそう。

写真はイメージです

 しっかり水分をとっている人は、塩分、糖分、コレステロールの低いものを体が欲しがるようになり、健康志向な体になっていくそう。その結果、肥満防止にも繋がるのです。

 食事前にグラス1杯の水を飲むだけでも食べ過ぎ防止になりますし、レモンやアップルサイダービネガーなどを水やお湯で割って飲むとデトックス効果にもなります。緑茶にして飲むとカテキンの働きで減量効果もさらにアップしそうです。

 また、「GH」によると食事もスープや野菜サラダなど水分の多いものをり入れるとなお良いとのこと。とにかく自分が考えている以上に、意識して日常で水分を摂っていくことが大事なのです。

美しい姿勢をキープする

 “まっすぐピンと姿勢をのばしてください。姿勢が良いと、自動的にお腹まわりの筋肉を整えていることになるのです。「GH」より翻訳引用”

 お腹まわりを意識して姿勢を正す。それだけで十分腹筋を鍛えることになります。大切なのは、その姿勢をキープすること。気がつくたびに意識してポーズをとるようにするといいかもしれません。

 美しい姿勢はそれだけで若々しくみえますし、気持ちも引き締まります。

食品添加物はNG! オーガニック製品を食べる

 “食品添加物は、ウエストラインを広げる原因になります。ネイチャー誌によると、食品中の乳化剤はバクテリアの性質を変えてしまいその結果、肥満やメタボの原因になるそうです。(中略)
 また、「Environmental Health Perspectives」によると、有機塩素化合物(農薬)が、子どもの急激な体重増加と肥満リスクに関連があると発表しました。「Eat This, Not That」より翻訳引用”

 添加物は、健康面だけではなくダイエットの大敵でもありました。やはり、オーガニック食品を食べていくのが良いようです。

 ゆっくり、味わいながら最低10回は咀嚼すると肥満防止にもなるそうです。自分の食生活を見直すきっかけにもなりそうです。

炭水化物は朝よりも夜に食べるほうがいい

 “お腹まわりの脂肪に関しては、夜に炭水化物を摂ることは悪いことではありません。夜により多くの炭水化物を食べた人のほうが、インシュリンの分泌が改善され血糖値の上昇が緩やかになり、午前中に食べた人よりも脂肪を減らすことができたそうです。「Eat This, Not That」より翻訳引用”

 これは、意外でした。朝にお米やパンをしっかり食べて、夜は炭水化物抜きの軽めの食事のほうが痩せるイメージだったのですが、お腹まわりの脂肪に関しては違うようです。夜にしっかり炭水化物をとっても十分に脂肪を消費してくれるようです。

 ただし、だからと言って朝ごはんを抜いたり、おろそかにしていいわけではありません。
米国の学会誌によると、朝食を抜いている人よりも、朝食をきちんと毎回食べている人のほうがはるかにスリムであるという結果が出ています。3食きちんと食べることを念頭に、このようなデータを参考にするといいかもしれません。

カフェインはダイエットの味方

 “カフェインを含むコーヒーは、利尿剤の働きがあり、体内の余分な水分を取り除いてくれます。また便通をよくする働きもあるので、お腹まわりをスリムにしてくれるのです。「GH」より翻訳引用”

写真はイメージです

 オフィスでもよく飲む機会が多いカフェイン。代謝を上げてくれる飲み物なので、積極的にとっても良さそうです。ただし、飲みすぎると睡眠に支障をきたしてしまうので(睡眠もダイエットには大切です)量はほどほどに

何より健康的な規則正しい生活を送ること

 そのほかにも、お腹をスリムにするのに効果的な方法がこちら。

・ストレスをためない
・座りっぱなしをやめる
・睡眠時間を大切にする
・寝室は涼しめに(そのほうがカロリーを消費しやすい)
・ワークアウトするなら、短時間でハードなものを
・朝、日光浴をする
・1日のうち12時間何も食べない時間をつくる
「Eatn This, Not That」より翻訳引用

 要は、健康的な生活を規則正しく送っていると自ずとお腹まわりもスリムになるということでしょうか。自然のものを口にし、背筋を伸ばした生活で、お腹まわりもすっきり気持ちよく毎日を過ごしていきたいものです。

Eat This, Not That