空腹の方が運動のパフォーマンスが上がるのは、ホント?

太らない食べ方 新常識クイズ

写真はイメージです

 「太りたくないけど、運動は嫌い。食べ方に注意するだけでは不十分ですか」という質問を受けることがありますが、太らないための生活に、運動をできる限り取り入れていくことは大切です。

 食べ方も重要ですが、筋肉量を落とさないために、また脳を健やかに保つためにも適度な運動が必須です。

 朝、早めに起きてジョギングをする人、会社帰りにジムに行く人など、運動する機会は様々でしょう。

どっち対決クイズ

太らないための間食のルールに基づいた、「どっち対決」クイズです。あなたはどちらを選びますか?  筋肉を付けるなら、食事はいつ取る?

1.運動前に食べる
2.運動後に食べる

 おなかがいっぱいのときより、少しおなかがいた状態の方がよく動ける……と考える人もいますが、空腹での運動は過食を招いたり、筋肉を分解してしまう危険があるのです。

 体を動かすとエネルギーが使われ、血糖値が下がります。空腹のまま運動を続けると、消費するエネルギーが不足し、低血糖気味になります。そうなると、体内では、肝臓がブドウ糖を作るために筋肉を分解し始めます。せっかく筋肉を作ろうと運動をしているのにもかかわらず、筋肉が壊れていくという本末転倒な状態が起こるのです。

 全力でブドウ糖を作ると、急激に血糖値が上がり、めまいやだるさを感じます。同時にものすごく空腹感が強まり、運動後の過食につながって消費した以上にカロリーを取ってしまうことになりかねません。

 こうした状態を起こさないためにも、運動する30分から1時間前に、おにぎり1個でもいいので、軽くおなかに食べ物を入れておくことが必要です。

 糖質を少し入れておけば、運動中はそれを使って体を動かし、血糖値を一定に保つことができます。さらに、タンパク質もいっしょに取るといいでしょう。運動前に食べたものは、すべてエネルギーとして使われますから、太る心配はありません。猛烈な空腹感による食べ過ぎを防ぐことにもなります。

 答え.運動前に食べる

【オススメの関連記事】
シュークリームとどら焼き、間食するならどっち?
コーンフレークとグラノーラ 食べるなら、どっち?
梅おにぎりと天むす 太らない間食はどっち?
低脂肪と高脂肪、アイスを食べるならどっち?
肉を食べるなら、どっち?

足立香代子(あだち・かよこ)
管理栄養士

 臨床栄養実践協会理事長。せんぽ東京高輪病院(現・東京高輪病院)名誉栄養管理室長。中京短大家政科食物栄養専攻卒業。講演会などを通じ、管理栄養士の育成にも尽力。主な著書に『太らない間食』(文響社)、『最新! 太らない食べ方「食べないでやせる」は大間違い!』(廣済堂出版)など。

一般社団法人臨床栄養実践協会

『最新! 太らない食べ方「食べないでやせる」は大間違い!』
(廣済堂出版/918円・税込み)
 太らないために油や肉をひかえた食事にしたり、間食やおやつをがまんしたりすると、かえって太りやすくなるという衝撃の事実。太らず、体にもよく、心も満たされる食事や間食の夢のようなルールを最新の栄養学に基づいて紹介。健康診断ではわからない「血糖値スパイク」(食後に血糖が急上昇すること)の害とその予防にも触れ、わかりやすく解説します。