シュークリームとどら焼き、間食するならどっち?

太らない食べ方 新常識クイズ

 夕食の食べ過ぎを防ぐには、「間食」を取り入れるのがベスト。「でも、間食したら太るから……」と多くの人が思っているのでは。それは、間食=甘い物やスナックというイメージがあるから。「間食だからお菓子を食べる」という発想から離れ、不足しがちな栄養素を補うと考えてください。オススメの間食は「乳製品」「卵」「ナッツ類」「フルーツ」の4種です。

 それでも、「甘いスイーツが食べたい!」という人もいるでしょう。間食で太らないためにはコツがあります。糖質の代謝を促すため、たんぱく質や脂質と合わせて食べましょう。また、「小腹が空いた感」を満たすため、はら持ちのよい物を選びましょう。間食は適切にとれば、健康的で太らない生活のサポート役になってくれます。

 太らないための間食のルールに基づいた、「どっち対決」クイズです。あなたはどちらを選びますか?

 問題:シュークリームVS.どら焼き

 

 「洋菓子よりも和菓子の方がヘルシー」と思ってしまいがち。ところが、太らない間食の観点からすると、NGなのは「どら焼き」の方。厚い皮の中に甘いあんこが挟まった「どら焼き」は糖質のかたまりで血糖値を上昇させやすいからです。対するシュークリームは皮が薄く、クリームからたんぱく質と脂質がとれます。間食するなら、まず糖質の多さを気にかけましょう。

答え:太りたくないなら、シュークリームを食べよう!

【こちらもオススメ!】

コーンフレークとグラノーラ 食べるなら、どっち?

梅おにぎりと天むす 太らない間食はどっち?

低脂肪と高脂肪、アイスを食べるならどっち?

関連記事⇒「ヘルシー」のワナ、誤解だらけのダイエット

足立香代子(あだち・かよこ)
管理栄養士

 臨床栄養実践協会理事長。せんぽ東京高輪病院(現・東京高輪病院)名誉栄養管理室長。中京短大家政科食物栄養専攻卒業。講演会などを通じ、管理栄養士の育成にも尽力。主な著書に『太らない間食』(文響社)、『最新! 太らない食べ方「食べないでやせる」は大間違い!』(廣済堂出版)など。

一般社団法人臨床栄養実践協会

『最新! 太らない食べ方「食べないでやせる」は大間違い!』
(廣済堂出版/918円・税込み)

 太らないために油や肉をひかえた食事にしたり、間食やおやつをがまんしたりすると、かえって太りやすくなるという衝撃の事実。太らず、体にもよく、心も満たされる食事や間食の夢のようなルールを最新の栄養学に基づいて紹介。健康診断ではわからない「血糖値スパイク」(食後に血糖が急上昇すること)の害とその予防にも触れ、わかりやすく解説します。