レトロなフェミニンで始める秋冬コーデ

宮田理江のモード日和

 残暑が続きますが、そろそろ秋の新作が店頭に並び始めました。2017-18年秋冬のトレンドは、レトロなフェミニンムードが盛り上がる気配。英国調やヴィンテージを取り入れた、全体的にオトナっぽい装いが注目を集めそうです。

英国調で秋らしい装いに

Stella McCartney 2017秋冬パリコレクション

 英国ムードを象徴するのは、ずばり、チェック柄。一般的にはカジュアルなイメージですが、これから盛り上がるのは、英国紳士を思わせるクラシックな格子柄。色数を抑えたシックさが品格をもたらします。柄を生かしやすいアイテムは、細身で着丈の長いチェスターコートや、仕立てのよさが感じられる本格ジャケット。パンツやスカートとのセットアップなら、よりきちんとした感じが出ます。

MONCLER 2017秋冬パリコレクション

「こなれ感」演出にヴィンテージやカスタマイズ

MaisonMargiela 2017秋冬パリコレクション

  ファッションの世界で「こなれ感」が重視されています。要するに「その人らしいアレンジの利いた、ありきたりに見えない着こなし」のこと。気負いや背伸びのない自然体の雰囲気がポイントです。
 こなれ感の演出に役立つのは、程よく着慣れた感じを出した「ヴィンテージ」や、ひもを垂らしたり、裾を半端な始末にしたりと、自分でできる「カスタマイズ」。デニムとレースといった意外な組み合わせや左右で裾丈を不ぞろいにする「アシンメトリー」も人気が続きそう。1点加えるだけで、トレンドを押さえた着こなしになります。

sacai 2017秋冬パリコレクション

グラマラス素材でスーパーフェミニンに

Dries Van Noten 2017秋冬パリコレクション

 ファーを筆頭に、つやめきを宿すベルベット、ベロア、コーデュロイなど、光沢のあるたおやかな素材を取り入れたグラマラスな装いも注目です。主役カラーは赤で決まり。メタリックカラー、花柄なども「スーパーフェミニン」のムードを呼び込みます。
 ファーは、袖先やバッグといった「ポイント使い」から取り入れてみて。ブローチやワッペンなどを添えても。ユーモラスな柄使いやバッグの2個、3個持ちといった遊び心にも挑戦してみたいですね。

miumiu 2017秋冬パリコレクション

 この秋冬は赤をはじめ、ベルベットやファーなどの優雅な素材、つやめいた色、わくわくするような遊び心のある柄使いに注目です。英国調が薫る正統派イメージや、ヴィンテージがもたらすレトロ感を上手に取り入れて、秋冬のおしゃれを楽しみましょう。

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト