風の通るエアリースカートで夏を乗り切る

宮田理江のモード日和

Sacai

 真夏には少しでも涼しい装いで過ごしたくなりますね。風が吹き通るチュールやレースのスカートは、着心地が爽やかで、見た目も涼しげ。薄着の日でもおしゃれをサボっているように見えないので、賢く使いこなしたい夏のお助け素材です。

 着こなしのコツは「ほどほどの透け具合」。肌を見せすぎず、素材の風合いを印象づけるスタイリングを意識すれば、軽やかさが際立ちます。

チュールはロングスカートで

Dior

 素肌がほんのりと透けるチュールは重たさを感じさせないので、ロングスカートに向いています。「Dior(ディオール)」のスカートは丈が長い分、チュールの質感が生きて、見るからに涼しげ。内側に短い丈のボトムスをはけば、レッグラインが伸びやかに映ります。刺繍ししゅうやメタリックパーツをあしらったスカートには、あえてシンプルなTシャツ、でも、実は、メッセージを宿したくせ者Tシャツを合わせています。レッグウエアをうっすらと透けさせると、サマールックに深みを出せます。

レースは服の裾からのぞかせて

Sacai

 レースの魅力は丁寧な手仕事感。複雑な柄や模様をあしらったレースの服を着ると、あっさりしがちなサマールックが上品に華やぎます。「sacai(サカイ)」のワンピースは、裾からランジェリースリップのようにたおやかな模様を配したレースがのぞきます。爽やかなストライプ柄はマニッシュな風情があり、フェミニンなレースと好対照。ちらっと見せるだけで、女っぽいイメージを呼び込んでくれるから、レースは夏の着こなしの味付けに重宝します。

DRIES VAN NOTEN

 手の込んだ服飾表現を得意とする「DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)」はトップスとボトムスの両方にレースを取り入れました。ブラウスのレースは、素肌を程よく透かし見せています。夏の黒は重たく見えがちですが、レースと組み合わせればダークさが薄まります。ハンドクラフト系の工芸品のようなレースが装いに気品を添えました。素材のきらめきが脚のヌーディー感を引き出しています。

 エアリーなスカートで、残りの夏を乗り切ってくださいね。

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト