シャネル発のキャップブーム、大人のかぶり方

宮田理江のモード日和

 野球帽のイメージが強い「キャップ」が世界でブームになっています。ボーイズテイストのキャップを、あえておしゃれの中心に据える斬新なアレンジは、フランスのブランド「CHANEL(シャネル)」から火がつきました。夏のお出かけ時に取り入れると注目度は抜群です。2017年春夏プレタポルテ・コレクションを参考に、キャップ使いのポイントをつかんでいきましょう。

 ロマンチックな装いにストリート感をプラス

上質なブルゾン、レース仕立てのスカートとコーディネート

 キャップのスポーティーな雰囲気を生かすには、意外な組み合わせが肝心。Tシャツやジーンズといったカジュアルウェアではなく、ジャケットやスカートなどフェミニンな服に合わせると互いが引き立ちます。イヤリング、ネックレスに加え、キャップにもフラワーモチーフが添えてあり、ロマンチックなムードとのギャップが新鮮です。

 さりげなく「大人シック」コーデ

膝下丈のスカートは正面の深いジップスリットがほどよくたおやかな風情

 大人の女性が取り入れやすいキャップの色は黒。ランジェリー風のレーストップの上に羽織りものを肩にかけて、余裕を感じさせる着こなしに似合います。ネックレスを何本もじゃらじゃらと重ねづけしてグラマラスなムードに。わざと横向きにかぶったキャップで愛嬌あいきょうを添えて、さりげないスタイリングが光ります。

 色のハーモニーで着姿に統一感

キャップがムードメーカー。カラフルな格子柄とボーダー柄がマッチ

 ぱっと目を引くキャップは、装いのムードメーカーにもなります。カラフルな格子柄のパンツに、同系色のキャップを合わせて、統一感を醸し出しています。ツイード生地の羽織りもの、その内側に着たボーダー(横じま)柄のトップスも配色トーンをそろえ、異素材の組み合わせが装いに深みを与えました。

  シャネルのコレクションでは、ランウェイに登場したモデルの多くがキャップのつばを横に向けて現れました。まとっていたのは「シャネル」ならではの上質なウェア。そこにアクティブな表情のキャップが、元気感や若々しさを呼び込んでいました。全体をカジュアル寄りにまとめず、キャップ以外はエレガンスや気品を帯びた着姿を意識すれば、新鮮なバランスが生まれ、あっさりしがちなサマールックがフレッシュに華やぎそうです。(写真:長沖真未)

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト