シャネルの芸術 パリのサロンが日本へ

 シャネルの2016-17年メティエダールコレクション「パリ コスモポライト ショー」が5月31日、東京・三田で開かれました。俳優ジョニー・デップの娘でシャネルのアンバサダーを務めるリリー・ローズ デップさんや小松菜奈さん、女優の中条あやみさんらが登場して、注目を集めました。

 「メティエダール」とは、フランス語で「芸術的な手仕事」。シャネルは、モードの最高峰を支えてきた職人の繊細な手仕事を存続・発展させるために、刺しゅうや羽根飾りなどのアトリエを傘下におさめ、02年から毎年12月にその技を披露しています。

 今回は、昨年12月にパリ・ヴァンドーム広場の高級ホテル「リッツ パリ」で発表した服を雰囲気もそのままに東京に持ってきました。会場は1913年に建てられた三井倶楽部。「リッツ パリ」のセットが作られ、ゆったりお茶やお酒を楽しみながら、目の前を歩くモデルの服をみるというサロンスタイルです。

 デザイナーのカール・ラガーフェルドが「かつてリッツでディナーを楽しむ女性たちが着ていたイブニングドレス」からインスピレーションを得たという服は、パリらしさが満載。肩のラインを強調したジャケットやスパンコールをたくさん使ったニット、美しい刺しゅうが施されたカクテルガウンなどが登場しました。エッフェル塔がモチーフの刺しゅうや、バラの花をあしらったヘッドドレスもとても印象的。

 そんなパリの雰囲気を日本で再現したのは、同ブランドが日本を重要視しているという意味もあるようです。パリのマダムたちが高級注文服をサロンで選んだ時のように、職人技を間近に見る贅沢ぜいたくを味わいました。(宮智泉)