2017―18年秋冬東京コレクションリポート(後編)~大人っぽく大胆に

宮田理江のモード日和

matohu(まとふ)=若杉和希撮影
matohu(まとふ)=若杉和希撮影

 2017―18年秋冬シーズン向けの東京コレクションで感じたのが「大人っぽさ」。レイヤード(重ね着)やアシンメトリー(非対称)が目立ち、異素材の組み合わせや、服を解体し、再構成してみせる新しいアプローチもありました。注目の6ブランドを紹介します。

matohu(まとふ)

matohu(まとふ)=若杉和希撮影
matohu(まとふ)=若杉和希撮影

 日本の伝統的な美意識に根差したクリエーションに取り組む「matohu(まとふ)」。今回は、「いき」をテーマに、あか抜けたレイヤードを披露しました。

江戸の気風を受け継ぎ、裏地も凝っています。異なる質感の生地を組み合わせて、風合いの違いを印象づけ、ストライプ(縦じま)柄は縦方向への“落ち感”を強調。増上寺(東京・芝)を会場に選んだことにも、時代を超えた創作への思いが感じられました。

support surface(サポートサーフェス)

support surface(サポートサーフェス)=杉本昌大撮影
support surface(サポートサーフェス)=杉本昌大撮影

 新素材に挑戦するブランドも増えました。人工レザーを主役に据えたのは、巧みなカッティングに強みを持つ「support surface(サポートサーフェス)」。人工レザーにはくを貼って、艶めきを添える工夫が目を引きました。

 シルエットは控えめながら、ニットレースやフリンジといったディテール、鮮やかな赤や花柄をあしらい、品格を備えたフェミニンを完成させました。

Hanae Mori manuscrit(ハナエ モリ マニュスクリ)

Hanae Mori manuscrit(ハナエ モリ マニュスクリ)=栗原怜里撮影
Hanae Mori manuscrit(ハナエ モリ マニュスクリ)=栗原怜里撮影

 「Hanae Mori manuscrit(ハナエ モリ マニュスクリ)」の「マニュスクリ」は、フランス語で「手書き、草稿」などの意。「手仕事」へのこだわりを宿すブランド名の通り、高い仕立ての技術を見せつけました。

 布が斜めに流れ落ちるようなアシンメトリーの形が、優美でドラマティックな風情を醸し出します。ドレープやプリーツなど、生地の立体感を引き出す細工があちこちに施されています。袖が末広がりの「ベルスリーブ」もエレガント。寄せ木細工のようなドレスを生かした演出も印象的でした。

TAE ASHIDA(タエ アシダ)

TAE ASHIDA(タエ アシダ)=鈴木毅彦撮影
TAE ASHIDA(タエ アシダ)=鈴木毅彦撮影

 気品を帯びた装いが持ち味の「TAE ASHIDA(タエ アシダ)」は、レオパード柄や星模様などをモチーフに。グラフィカルなプリント柄は、他のブランドでも目立ちました。

 ベルベット調の生地がなんともゴージャス。足元にまでファーを配し、格上のムードを醸し出していました。レザー仕立てでスタイリッシュなボトムス、大ぶりのイヤリングやネックレスも魅力的です。

Ujoh(ウジョー)

Ujoh(ウジョー)=武藤要撮影
Ujoh(ウジョー)=武藤要撮影

 服の「ルール」を解体するかのような手法を披露したのは、海外でも評価が高まってきた「Ujoh(ウジョー)」。紳士服を軽やかにリモデルしました。

 シャツやスタジアムジャンパー風のジャケットなど、見慣れたウェアを大胆に変形させています。1枚の服に複数の“性格”を同居させる「ハイブリッド」は、モードの新手法として注目されています。着丈の長いニットトップスには深いスリットを入れ、目新しいレイヤードに仕上げました。

HYKE(ハイク)

HYKE(ハイク)=橘薫撮影
HYKE(ハイク)=橘薫撮影

 「HYKE(ハイク)」はミリタリーを軸に据えつつも、代名詞的存在のフライトジャケットから正面のファスナーを消したり、両袖を外したりして、様変わりさせてみせました。ライダースジャケットも襟と袖をカットして、ハードさをやわらげています。

 メンズのストリート感を持ち込む一方、ところどころ素肌を見せて、ジェンダーミックスに仕上げました。東コレ初参加ですが、ファンの多い実力派ブランドで、今後が楽しみです。

目先のトレンドより「持ち味」を

 今回の東コレで強まったのは、目先のトレンドを追わない傾向です。中堅やベテランのデザイナーたちは、それぞれの個性や“立ち位置”を大事にしていました。持ち味をしっかりと打ち出し、顧客・ファンとの結び付きを深めようとした結果、好みに合った、着こなしやすい提案が増えたように見えました。

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト