「自分が輝ける場所は、自分で作ればいい」 人気ブロガー、ルイーズ・エベルさん

マリ・クレール スタイル

 パリで人気のブロガー、ルイーズ・エベルさん。美術史を専攻する大学生だった頃にブログをスタート。抜群のセンスと美しい写真が注目され、一躍人気ブロガーに。19世紀のベルエポックをイメージした、アンティークで独創的なファッションは、ため息が出るほど魅惑的です。中央公論新社が発刊している「マリ・クレール スタイル」の公式ブロガーとしても活躍するエベルさんに、大好きだというファッションの話を聞きました。

ファッションの決め手は帽子。きょうはレトロなベレーでスタイリングしました

――――ブログを始めたきっかけはなんですか。

エベルさん:自分の普段の格好を写真に撮っていたら、その写真を見た友人がブログでの発信を薦めてくれたんです。好きなファッションをシェアすることで、自分の世界が広がると感じて、ブログを始めました。最初は自撮りでしたが、あまりうまくいかなくて。プロに撮影をお願いするようになり、今は数人のフォトグラファーと組んでいます。

――――現在の活動について教えてください。

エベルさん:様々なイベントに参加することが多いですね。80%が自身のブログで紹介するブロガーとしての仕事で、「マリ・クレール スタイル」での仕事が20%です。日本テレビの「ZIP」などで、リポーターやインタビュアーもしています。今回の来日はトミーヒルフィガーのイベントへの参加のためです。

――――ロサンゼルスでのトミーヒルフィガーのショーにも行かれたそうですね。

エベルさん:スーパーモデル、ジジ・ハディッドとのコラボコレクション「TOMMY × GIGI」のお披露目があったんです。ロスはジジの出身地で、ベニスビーチでコレクションを発表しました。ロスの女の子のアーバン(都会的)な雰囲気と、カリフォルニアの気取らないビーチスタイルをミックスしたデザインが魅力的。カラフルな色遣いや、ワッペンやパッチワークをあしらったカスタマイズテクニックがちりばめられていて、着ているだけでハッピーな気分になります。
 最近のトレンドでもある、「シーバイナウ=見てすぐに買える」というファッションの流れを、すぐに取り入れたところも素晴らしいと思います。SNSのトレンドセッターが好むようなコレクションでした。

1日に何度も着替えます。左上は朝、中央は昼、右は夕方(このファッションでZIP!にも出演しました)

――――エベルさんはカジュアルからクラシックなテイストまで、幅広いファッションを着こなしていますね。

エベルさん:ある一つのタイプというのではなくて、いろいろなファッションが好きなんです。その日の気分でファッションのテイストを変え、1日に何度も着替えます。レトロなスタイルだったり、ガーリーだったり、19世紀を意識したクラシックなファッションだったりします。きょうはレトロなドレスですが、もう2着目です。夕方には着替えるつもり。

――――旅行中、日に何度も着替えるとなると、荷物が多くて大変ですね。

エベルさん:何を着るのか、きちんと計画を立てて、必要なものだけ選んでいます。ですから、それほど大荷物にはなりません。でも、自宅にはたくさんの服があります。

――――ファッションでとくにこだわっているアイテムはありますか。

 帽子かな。その日のファッションを決めるときに、いちばんスタイルを作りやすいアイテムだから。今日かぶっているベレー帽は、パリの土産店で見つけました。安くていろいろな色があって、色違いでたくさん持っています。午前中はオレンジをかぶっていました。明日の朝は赤をかぶるつもり。それから、指輪とブレスレット。指輪はいつも三つ着けます。服とのバランスを考えて選びます。それから、私にとって重要なアクセサリーは「メイク」。絵を描くような気持ちで、ファッションを選んでメイクをします。例えば、夜は歌舞伎のようなアイメイクをすることもありますよ。

バッグやアクセサリーもファッションに合わせてコーディネート

――――日本の伝統文化にも興味があるそうですね。日本のアンティークは何か持っていますか。

エベルさん:古い着物を集めています。振り袖も大好きで、羽織も持っています。ヨーロッパの古いドレスを着て、裾の長い着物を羽織ることがあります。

――――女性が輝くには、どんなことが必要だと思いますか。

エベルさん:女性はもっと自立を考えるといいなと思います。例えば、会社に所属することだけが、働くことではないと思います。わたしはブロガーという仕事を選びましたが、誰にでも自分のスキルや強みを生かす仕事は必ずあると思います。自分が輝ける場所は、自分で作ればいい。一人一人が、その人にしかない才能で輝けば、やがて社会に影響を与えるはずです。
 そのためには、自分たちのネットワークを作ることです。自立したい女性たちの活動の足がかりになる、アソシエーションのようなネットワーク作りが大切です。OTEKOMACHIがそういう場所になると素晴らしいですね。

ルイーズ・エベル
ルイーズ・エベル(ルイーズ・エベル)
ファッションブロガー

 ファッションブログ「PANDORA」を主宰。フランス、パリ在住。子どもの頃から美術史と19世紀の世界に夢中となり、ファッションやアートへの関心も高く、大学で美術史を専攻。ビンテージファッションやアンティークの小物の収集家としても知られる。2012年より「マリ・クレール スタイル」の公式ブロガーとして活躍。日本テレビの番組「ZIP!」で毎週金曜日にリポートを担当している。

Pandora

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。