アンチエイジングに関するあの通説。じつは間違いだらけって本当?

image via Shutterstock

 女性の永遠の敵というべきか、「老い」――。そのため巷には、「○○をすればほうれい線が薄くなる!」「○○で小ジワ撃退!」など、さまざまなアンチエイジングの情報があふれています。
 でもここでみなさんに残念なお知らせが……。それらのいわゆる“通説”は間違っているものが多いそう。そこで「実際、アレってどうなの?」という通説の真偽をご紹介。意味のないエイジングケアをしないためにも、しっかりチェックしていきましょう。

ポイントはあなたがどうしたいか

 今回、真偽をはっきりさせるのは、下記の4つの通説。

・30歳代の目の下のクマはクリームで薄くなる?
・ストレスを減らせば40歳代の白髪は避けられる?
・50歳までに50%の人が髪の半分が白髪になる?
・60歳代でシワが多すぎるのは、肌が不健康な証拠?
「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

 クマができるのには、さまざまな理由があります。ひとつの原因は、もちろん老化。皮膚が薄くなり、血管が目立って灰色や紫色に見えてしまうのです。でもそのほかに疲労のほか遺伝子が原因となっていることも。なので、原因によってはクリームを塗っても意味ないかもしれません。
 白髪になるかどうかには、環境ではなく遺伝が大きく影響しているそう。そのため、行動でどうにかなるものではないようです。白髪が生えてしまった場合は、染めることで悩みを遠ざけるのが手っ取り早いかもしれません。
 化粧品会社ロレアルの協力による研究によって、50歳までに髪の半分が白髪になる割合が判明。実際は6~23%のあいだで、通説を大きく下回るという結果に。ひとまずホッとひと安心です。
 そして大抵の人は、20歳以降、皮膚コラーゲンはが毎年約1%ずつ少なくなるそう。コラーゲンが減れば当然シワは増えてしまいますが、それが健康うんぬんには結びつかないとのこと。
 こうしてみると、やはり通説がそのまま真実ということは少ないようです。だからといって、老化に身を任せて何もしないわけにもいきません。無数にある情報の中から、正しい情報を見つけていく必要があるようです。
 そして、「そもそも年齢と共に変化するのはいけないこと?」と問い直してみたら、悩みは意外と軽くなるかもしれません。