ベルトで変わるおしゃれのムード

宮田理江のモード日和

 2017年春夏コレクションでは、有力ブランドから、ベルトをおしゃれのムードメーカーに据えたような提案が相次いで発表されました。着姿にインパクトを加えたり、シルエットにめりはりを付けたりする巻き方を覚えておけば、うまく視線を引き込むことができます。ベルト1本で多彩なイメージを演出しましょう。

長く垂らして伸びやかに

エトロ
ヴェルサーチ

 ウエストに巻いたベルトの端を長く垂らす――そんな小技が世界的に人気を集めています。これまでは巻いて余った部分を遊ばせるだけという感じだったのですが、過剰なまでに長いベルトを膝のあたりまで垂らすスタイルが登場してきました。

 エトロヴェルサーチは、バックルに通した後、太ももに沿うように端を流して伸びやかな印象です。「落ち感」重視のスタイリングはもう長い間トレンドになっていて、ウエストから無造作に垂らしたベルトは、流れ落ちるようなシルエットのウエアとの相乗効果で、“縦長”のイメージを際立たせています。

 わざと服とは色や質感の異なるベルトを選ぶと、動きが強調されます。スーパーロングのベルトがなければ、スカーフをベルトに巻いて垂らす手も使えそう。自然と揺れるベルトはリラックスした雰囲気も呼び込んでくれます。

レイヤードルックのスパイスに

メゾン・マルジェラ
シャネル

 春夏シーズンにもアウターをまとう着こなしが日本でも浸透してきました。羽織りものの前を開けて着てもいいのですが、目立つデザインのベルトを締めれば、レイヤード(重ね着)ルックのアクセントになってくれます。

 春夏は全体に服装がさっぱりしがちなので、メタリックや鮮やかな色のベルトは格好のスパイスに。メゾン・マルジェラのようなオーバーサイズのアウターは、左右の身頃の打ち合わせをわざとずらしてベルトでマークすると、センス良く仕上がります。

 人気が高まってきた新アイテムに、バスローブやナイトガウンのような丈が長めのアウターがあります。ゆったりとまとう着方が楽しめますが、ベルトでウエストマークすることによって、「引き締めポイント」をこしらえ、全体のシルエットにめりはりを出せます。

 ロングドレスのようにエアリーなウエアも、シャネルのようにベルトでいったん絞れば、裾の開きが一段とあでやか。内側に着込んだミニドレスとの長短レイヤードも際立って見えます。

アクセサリー感覚で視線キャッチ

プラダ
ヌメロ・ヴェントゥーノ

 本来はアウターやボトムスを締めて着姿を整える役割を持つベルトですが、近頃は装飾的な意味合いが強まっています。これまでも大ぶりのバックルをおしゃれのアクセントにするタイプがありましたが、もっとインパクトのある、ほとんどアクセサリーのようなデザインまで登場しています。

 プラダは、遊び心いっぱいにファッションを楽しむ「プレイフル」の気分が広がってきたのを追い風に、ベルトで視線を集める感じのアレンジです。巻き方も一工夫されていて、写真のスタイリングではニットベストにON。さらに、ネックレスとの一体感もあり、より装飾的に見せています。

 ベルトとバッグを融合させる試みも始まっています。ヌメロ・ヴェントゥーノは懐かしい「ウエストポーチ」のバッグを小ぶりにして、“アクセサリー感”を高めています。かつてのウエストポーチは旅行者やストリートの雰囲気でしたが、こちらはエレガントなたたずまいで復活。総レース仕立ての繊細なドレスにもうまくマッチしています。意外なコーディネートにはサプライズも!――ユーモラスな味付けと言えます。

いつもの服にも「新しさ」を

 目をひく着こなしがますます重視されつつある中、ベルトもこれまでの「締める」という“機能”や“役割”にとどまらず、“存在感”も期待されるようになってきました。

 太さや色味なども、主張が強いものが歓迎されています。この春夏はいつもの服にベルトをプラスして、新しいムードを上乗せしてみてはいかがでしょうか。

※写真はすべて2017年春夏コレクションから(長沖真未撮影)

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト