この春夏に使いこなしたい「赤とピンク」

宮田理江のモード日和

 最も情熱的で女っぽい色とされる「赤」。愛らしくガーリーな「ピンク」。“フェミニン系”の2大看板カラーが、2017年春夏シーズンに勢いづきそうな気配です。

 甘くなりすぎないよう赤とピンクを取り入れる「大人ムード」のコーディネートが、人気ブランドのランウェイからも発信されています。

赤×ストリート

メゾン・マルジェラ
モンクレール・ガム・ルージュ

 赤が「難しい色」とされるのは、女性らしさが濃いから。主張の強さもあるので、全体を落ち着かせるのに骨が折れます。でも、メッセージ入りTシャツのようにストリートっぽいアイテムで合わせれば、レディー感が薄まり、赤がくどく見えにくくなるでしょう。

 メゾン・マルジェラのような文字入りTシャツは「レタード」「ステートメント」などと呼ばれ、おしゃれのアクセントとして人気が高まっています。ミリタリーテイストのトレンチコートも赤の女らしさをうまく抑え込む効果が期待できます。透けるレース生地なら、「赤」の強さをやや落として見せられます。

 赤をオーソドックスに扱うなら、エレガントな装いに取り入れるところですが、それだと“ロマンチック濃度”が上がって、着ていく場面を選んでしまうことにもなりがち。むしろタンクトップなどスポーティーな服で取り入れたほうが普段使いしやすくなります。

 モンクレール・ガム・ルージュは濃いめのレッドですが、面積が狭いおかげで、押し出しはそうきつくありません。スリムなシルエットのパンツも行動的な雰囲気で、赤の女っぽさを和らげてくれます。

 赤を目立たせすぎないコツは「面積・濃さを控えめに」「ストリート・普段着風に合わせる」の2点です。

ピンク×メンズテイスト

イッセイミヤケ
エルメス

 ピンクの印象は「甘い」「少女っぽい」「やさしげ」といったところでしょうか。若々しさやキュートさを感じさせる色でもあります。ただ、全体にガーリーな雰囲気が強く出てしまいやすいので、大人の女性が着こなすにあたっては、濃いめの色で引き締めるのが肝心。つまり、深い色でピンクの装いに重みを与えることがポイントです。

 ピンクと相性のよい色には黒やグレーがあります。淡いピンクのジャケットに黒のワイドパンツを引き合わせた組み合わせ(イッセイミヤケ)は、オフィスにも着て行けそうな落ち着きを感じさせます。

 赤もピンクも女性的な色なので、マニッシュな服とミックスすることによってバランスを取るのも良いアイデアです。おすすめはパンツ。性別にとらわれない「ジェンダーミックス(ジェンダーレス)」は新たな着こなしのセオリーになりつつあり、パンツルックの選択肢も増えてきました。

 エルメスのように同系色でまとめる場合は、パンツをダーク系のピンクにすれば、まとまりがよくなり、下半身が引き締まって見えます。

今がチャンス! 赤やピンクをアクセントに

 「赤とピンクは手ごわい」――そう思い込んで、敬遠している女性は少なくないようです。しかし、冬から春にかけてはアウターで見え具合を調節しつつ、赤やピンクをアクセントとして取り入れることができるので、苦手な色を克服するチャンスにもなります。

 今のうちから操り方を磨いておけば、春からのおしゃれがもっと楽しくなるはずです。

※写真はいずれも2017年春夏コレクションから(長沖真未撮影)

 

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト