【お悩み相談】思い描いていた人生と異なる現実…不安しかない

お悩み相談は、キャリア、恋愛、仕事と子育ての両立……働く女性の悩みや不安に、人生経験豊富な「お悩みアドバイザー」が回答します。

30代の女性です。自分が思ってもいなかった人生を歩んでいて、この先不安しかありません。
私はもともと、仕事はほどほどにして余暇を楽しむ人生が理想でした。学校の成績は良かったのですが、物事を深く考えたり、何かに疑問を感じたりということができない性質なので、推薦で入れる大学に入り、安定しているという理由で公務員になりました。
ですが、忙しい部署ばかりに配属され、挙げ句、上司の強い推薦で管理職試験を受けさせられ合格してしまい、今は管理職です。幸いなことに上司にも部下にも恵まれ、大きな困難なく仕事ができています。でも、そんな運の良い状況が長く続くわけがないので、いつひどい目にあうのだろうかと心配は尽きません。
このご時世、仕事もあって、夫もおり、文句を言える立場ではないことも承知していますが、思い描いていた人生と違う道を歩んでいるという違和感が拭えません。この先どう歩んでいけばいいのか、ご助言をお願いいたします。
(ハンドルネーム:くまごろう) 

A: 実は悩む事ではなく、受け入れて前に進むべきモノなのだと思います

大手小町のお悩みアドバイザー、プロレスラーの棚橋弘至さん

くまごろうさん、初めまして。新日本プロレス「100年に一人の逸材」棚橋弘至です。ご相談内容を読ませていただきました。一回では、お悩みの主旨をつかみきれなかったので、何度も繰り返し読みました。

「自分が思ってもいなかった人生を歩んでいる」ということですが、このお悩みの解決方法は、くまごろうさんご自身の考え方次第です。なぜなら、なかなか周りの環境を変える事ができないからです。

くまごろうさんは、とても能力値が高い方だとお見受けします。ですが、ご自身の能力に自信や気持ちが付いていっていない印象を受けます。その感じ、とてもよく分かります。僕もプロレス界でいくつものチャンスに恵まれチャンピオンになりましたが、周りの選手を見渡すと、自分よりも能力値の高い選手や他にも相応ふさわしい選手がいるのに、「なぜ僕が!?」という不安と困惑の時期があったからです。

くまごろうさんも、あれよあれよという間に管理職ということですが、これはもう言葉では説明できない「運」を持っているという事だと思います。確かに、順調過ぎる自分の人生の先のどこかに落とし穴が待っているんじゃないか!?という考え方は理解できます。

しかし、人生をトータルで見てみましょう。いい時期、悪い時期、もちろん両方あります。むしろ無い方がおかしいのです。そこで、こう考えて下さい。「自分が死ぬとき、いい事も悪い事もあったけど、プラスマイナス、トントンだったなぁ」と。そうなんです。±0で人生を終われたら、その人生は「合格点」。大往生ではないでしょうか?

人生の浮き沈みは誰にでもあります。僕みたいに極端な浮き沈みは経験する必要はありませんが(笑)、こうして考えると気持ちが楽になるはずです。

今、くまごろうさんが悩まれていることは、実は悩む事ではなく、受け入れて前に進むべきモノなのです。思い描いていた人生設計通りに進んでいる人は、この世で一握りだと思います。なので、今を精一杯、楽しんで生活してください。

これからのくまごろうさんは、思い描いていた以上の人生を切り拓いていけるはずです。応援しています!

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

棚橋弘至さんのお悩み相談回答はこちら

プロレスラー 棚橋 弘至
棚橋 弘至(たなはし・ひろし)
プロレスラー

 1976年生まれ、岐阜県出身。立命館大学在学時代にレスリングを始め、新日本プロレスの入門テストに合格する。大学卒業後、新日本プロレスに入門。1999年に真壁伸也(現:刀義)戦でデビュー。2006年にIWGPヘビー級王座決定トーナメントで優勝。プロレスラーとして活躍する一方で、バラエティー番組などに多数出演。16年にベストファーザー賞を受賞、18年には映画『パパはわるものチャンピオン』で映画初主演など、プロレス界以外でも活躍している。

年間最大のビッグイベント『WRESTLE KINGDOM 16』
2022年は1月4日(火)&5日(水)東京ドームに加え、
1月8日(土)横浜アリーナの3連戦での開催が決定!
https://www.wrestlekingdom.jp/

Keywords 関連キーワードから探す