【お悩み相談】同じ職場の男性へ募る思い、もう抑えられない

お悩み相談は、キャリア、恋愛、仕事と子育ての両立……働く女性の悩みや不安に、人生経験豊富な「お悩みアドバイザー」が回答します。

33歳独身。職場で隣に座る男性がずっと気になっています。彼と仲良くなりたい!彼のことをもっと知りたい!と思いを募らせています。
同じ年代の彼は、他人を寄せ付けない雰囲気があり、上司に無愛想な態度をしたり、無神経なことを口にしたりすることがあり、性格的にやや難しい面があります。
でも、私が質問すれば丁寧に教えてくれます。仕事で困っていれば助けてくれます。興味のあることには、話が止まらなくなるオタク気質の一面もあって素敵です。
ただ、同じ職場なので、変な噂を立てられるのも嫌だし、振られて気まずくなっても困るのでアプローチすることができませんでした。
でも、もう気持ちを抑えられません。自分から行動して彼との距離を縮めようと思っています。どうすればいいか、具体的なアドバイスをください。
(ハンドルネーム:カヌー)

A:慎重になる職場恋愛でも恋せよ乙女!

カヌーさん、こんにちは。

あたためていた恋を漕ぎ出したい!そんな想いとともにお悩みを拝見しました。

職場恋愛ですから、慎重になりますよね。くっついても離れても、その過程においても周囲からの目線が気になるのは仕方のないことです。

とはいえ、自分が思っているほど人は他人を気にしていないものだと思います。私の知り合いの女性は、5階に元夫、10階に今夫さんがいるそうで、4階で本人がモリモリ働いています。もちろん全員同じ会社、です。そんな話も実際にありますから、大丈夫です。

そっと、でも確実に、この恋をすすめたいなら。発想の転換をして、相手にカヌーさんを好きになってもらう。が、早そうですが、どうでしょうか。

カヌーさんはすでに彼を大好きなわけですから、彼からのアプローチをゲットしてしまえば話は早いというもの。同僚に「彼、あなたのこと好きなんじゃない?」と耳打ちされるころには、おつきあいがはじまっているかもしれません。

さて。じゃあどうする? 彼の好みを研究するのも少しは必要ですが、周りに気づかれてしまいそうだし、ありのままのカヌーさんを好きになってもらうほうがラクですよね。

そこで「彼の言動をまねること」を、ぜひトライしてみてほしいです。コーヒーを飲む速度や、仕草。休憩のタイミング。彼と話すときは話し方のスピードやトーンなんかも、彼と同じように合わせてみてください。

例えばレストランに行って「ハンバーグ!」「あ、私も〜」と、同じ物をオーダーされたら、なんとなく好意的に話が弾むのと同じです。ミラーリング効果と呼ぶそうで、仲良し夫婦や恋人同士がよく似てしまう理由でもあるのだそう。だったら、その効果を先取りしてやってしまおうという作戦です。

とっつきにくそうな、性格に難ありの彼を好きなカヌーさんの、客観的な視点が私は好きです。ご相談文から、カヌーさんはちょっとM気があってSっぽい雰囲気の彼が好きなのかな? と感じました。だったらお二人は磁石のように引き合うのも時間の問題かも・・・と思うのは私だけでしょうか。

 恋は、遠い日の花火ではない。1994年/サントリー/小野田隆雄)

ウイスキーのCMなどで使われたこの名作コピーは当時、おじさまたちをとても元気にしました。私も大好きなコピーです。多くの人がこのコピーに共感したのは、恋ってあっという間に「遠い日の花火」になってしまうからでしょう。

命短し恋せよ乙女、です。カヌーさんの恋が成就しますように。応援しています!

あわせて読みたい

坂本和加
坂本和加(さかもと・わか)
コピーライター

1974年、宇都宮市出身。コピーライターの一倉宏氏に師事し2016年独立。合同会社コトリ社代表。代表作に「カラダに、ピース。」「健康にアイデアを」「行くぜ、東北。」「WAON」「イット!」など。作詞「いっこにこだっこ」(Eテレ『いないいないばあっ!』番組内)。著書に『あしたは80%晴れでしょう』(リトルモア)など。東京コピーライターズクラブ会員。日本ネーミング協会会員。

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

Keywords 関連キーワードから探す