【お悩み相談】「遠距離恋愛の交際費で借金」と、同居を拒む夫

お悩み相談は、キャリア、恋愛、仕事と子育ての両立……働く女性の悩みや不安に、人生経験豊富な「お悩みアドバイザー」が回答します。

夫婦とも40歳です。遠距離恋愛3年後に結婚し、6年になります。結婚時に夫の勤務先が倒産して無職となりました。私は仕事を続けていたので、結婚後は私の暮らす北海道に夫が移住し、転職するという予定で、結婚を機に私の地元で新生活がはじまると思っていました。
でも、いっこうに夫は一緒に暮らそうとせず、遠距離、別居のまま、「とりあえずお金をためる」と言ってアルバイトをはじめました。年が変わるたびに毎回「これからどうしていくのか、子供が欲しいなら体力的にも年齢も考えないと……」と夫に言いましたが、「あと1年」と言われ続け、同居をしないまま6年目が過ぎ、「本当は夫は自分の地元を離れたくないのかな?」などといろいろ考えました。その気持ちを確かめたこともありましたが、本人はそんなことないと言います。
もしそうなら夫の幸せを考えてあげたいので、「無理強いはしないから別居婚のままいこうか? 子供も諦めよう」と、私から話をして電話を切りました。その数分後に夫から電話がきて、借金があることを告げられました。借金の理由は、結婚前に私と月1回会う時の交際費だったそうです。私に給料が少ないということを言えなかったと。
現在、その話を聞かされてから約半年たち、夫に不誠実な行為をずっと黙っていられたことがつらく、夫に対する信頼もなくしています。書類上は夫婦ですが、同居生活はなく、夫婦ともに40歳となりました。結婚しているのに結婚していないのと同じ状況です。
夫の不誠実な態度に、離婚を考えています。借金完済を来年の夏までに済ませて、バイトじゃなく正社員として転職先をみつけると言っていますが、その言葉になんの保証もなく、このままけじめをつけずに待つのがつらいので、夫には「離婚をして、やる気があるなら精いっぱい頑張ってほしい」と伝えました。夫からは「もう少し待ってほしい」と言われましたが、離婚すべきでしょうか。(ハンドルネーム・りえ)

A:一刻も早く決断を

大手小町のお悩み相談に回答する放送作家の野々村友紀子さん

結婚後、6年間も別居ですか。借金の理由が遠距離恋愛のときの交際費ということですが、事実だとしたらびっくりです。それにしても旦那さんの言い訳は、常識の範囲を超えていますね。りえさんも40歳ですし、今後出産のことを考えると、一刻も早く決断をしたほうがよいのではないでしょうか。

別れるにしても、遠距離婚を続けるにしても、一度冷静に話し合いしてみては? 旦那さんに、本当に同居する理由が借金以外にないのか、確かめてみてください。ほかに女性がいるとか、ギャンブルなどで借金をしているとか、交際費を借金の理由として、りえさんに負い目を与え、ずるずると同居を先延ばしにしているような気がします。

月1回のデート代がそんなにかかりますか? それを今さら言うなんて、ひどいですね。旦那さんも正社員になろうと思うなら、年齢的なこともありますし、とりあえず急いで北海道に移り、職を探すことを優先した方がいいと思います。無責任にせかすわけではありませんが、こうなったら旦那さんに同居か離婚か2択を迫り、一刻も早く決断をされてはいかがでしょうか。

【野々村友紀子さんのお悩み相談回答はこちら】

野々村友紀子著 ハッキリものを言って嫌われる人、好かれる人の伝え方
楽天ブックス購入ページへ
野々村友紀子
野々村友紀子(ののむら・ゆきこ)
放送作家

 1974年8月5日生まれ、大阪府出身。NSC大阪校11期。元お笑いタレント。夫は「2丁拳銃」の修士。近著に「ハッキリものを言って嫌われる人、好かれる人の伝え方」(クロスメディア・パブリッシング)

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

Keywords 関連キーワードから探す