【お悩み相談】服装に無頓着すぎる夫に腹がたちます!

お悩み相談は、キャリア、恋愛、仕事と子育ての両立……働く女性の悩みや不安に、人生経験豊富な「お悩みアドバイザー」が回答します。

40代女性です 。同年代の夫が服装に無頓着すぎて腹がたちます。お金に不自由しているわけではないのに、よれよれのスーツ、ほぼ毎日同じネクタイで出社し、清潔感がまるでありません。他人に自分がどう見られるかは、どうでもいいと思っているようです。
一緒に服を買いに行こうと誘っても、「俺はいい」「また今度」と出かけようともしません。かといって、ワイシャツなどを私が買ってきても、着ようとしません。
夫はフケ症で、以前フケを抑えるという高価なシャンプーを買ったのですが、使わずそのまま風呂場に放置。頭にきたので捨てました。
もういろいろ忠告するのも疲れています。先日、夫の職場の知人に、「ご主人、スーツのズボンが破れていましたよ」「ネクタイの生地、すり切れています」などと指摘されました。とても恥ずかしく、帰宅した夫に冷たくあたりました。
まるで私がなにもしていないようで……。どうしたらもう少し身なりをきちんとしてくれるでしょうか。(ハンドルネーム:イチゴ)

A:愛情いっぱい「お母さん作戦」で

大手小町のお悩み相談に回答するモデルの押切もえさん

ご相談をありがとうございます。

イチゴさんはあれこれと手を尽くされているのに、旦那様ご自身は無関心。

いろいろ気にされている奥様として、ご主人の職場の方からも指摘されてしまっては疲れてしまうのも無理がないと思います。

私自身おしゃれすることが好きですが、もしも自分のパートナーがあまりファッションに興味がなかったら……? それでも他に良いところがあるのなら、それはそれかな、と割り切ることができます。

むしろ、お仕事と関係があるならば別ですが、常に自分の見た目ばかりを気にして、働いて得たお金をどんどん洋服に費やしてしまう人じゃなくてヨカッタ……、と思うかもしれません(笑)。

ただ、「ファッションへの関心があるなし」と、「清潔感」は別問題です。いくら同じデザインの服を着ていたとしても、清潔感は大切。とくに、誰かと会うお仕事なら、その人自身の印象を大きく左右することもありますね。

「もう少し自分の見た目の印象に気を使ったら、もっと仕事の成果が上がったり、周りからの印象も良くなったりするかもしれないよ」と声をかけてみるのはいかがでしょうか?

もしも、「そんなことはとっくにやってみましたが、ダメでした!」ということなら、「お母さん作戦」を決行するのはどうでしょう?

一緒にお買い物に行ってくれないということなので、お母さんが息子にそうするように、勝手に服の修繕、買い替えをしてしまうのです。

かなり強行手段ですが、「だいぶボロボロになっていたから直しておいたよ」とか、「あなたがもっとあなたらしく、すてきに見られるように新調しちゃった」と、明るい言葉を添えて、着ていたもののサイズを参考にしてお手頃なものを選ぶなど、方法を考えて。

そして、袖を通してくれた際には、「似合ってる!」「そっちの方がさらにかっこいい!」と、褒めます。

シャンプーなども、使わなくなってきたな、と感じたら、「なんとなく清潔感が増してるように感じるから、とりあえず使い続けてみた方がいいんじゃない?」と伝えてみるとか。

うるさくならない範囲で愛情いっぱいに良いところを挙げて、旦那様ご自身に関心を持ってもらえたらいいですよね。

そこから、周りの方からも「何か、最近いいですね」とか、「雰囲気変わりましたね」なんて声をかけてもらうことができたら、ご本人の意識も変わっていきそう。

イチゴさんの優しさと愛情が、ご主人様に真っすぐに届きますように。

押切もえ(おしきり・もえ)
モデル、小説家

 1979年生まれ。千葉県出身。雑誌「Popteen」などの読者モデルを経て、女性誌「CanCam」、「AneCan」の専属モデルとして活躍。2013年小説「浅き夢見し」で小説家デビュー。16年には小説「永遠とは違う一日」が山本周五郎賞にノミネートされた。15年、16年、17年と3年連続で「二科展」で入選するなど、多方面で才能を発揮している。

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

Keywords 関連キーワードから探す