【お悩み相談】後輩の失敗にイライラ、つい怒ってしまいます

お悩み相談は、キャリア、恋愛、仕事と子育ての両立……働く女性の悩みや不安に、人生経験豊富な「お悩みアドバイザー」が回答します。

27歳女性です。
最近、自分が怒りっぽい人間だということに気が付きました。
今まではそれほどとは思わず、人並みだという認識でした。
ですが、昨年後輩が配属されてから、彼女の注意不足で生じた失敗などが目に付き、ついつい怒ってしまいます。彼女には成長してもらいたいという気持ちでいっぱいで、「指導している」つもりなのですが、どうにもイライラしてしまい、言い方もきつくなってしまいます。
どうしたらいいのでしょうか。アドバイスをお願いします。
(ハンドルネーム:みちる)

大手小町「お悩み相談」のお悩みアドバイザー・壇蜜さん

A:「前の自分と似ている」と後輩に言ってみてはどうでしょう

みちるさんと後輩さん、もしかしたらちょっと似ているところがあるのかもしれません。

よくドラマや漫画なんかで出てくる「キミは、昔の僕そっくりだよ」とか「貴女あなたは私が若い頃に似てるから……」という台詞せりふ。これはネガティブな感情を相手に抱いている場合に言いがちなのはご存じでしょうか。

昔の僕、若い頃の私がヘッポコ(スミマセン、妙な表現で)だった時を目の前で再現されている感を相手に覚えてしまうから、こんなことを言ってしまうのです。言われた側は、困惑するでしょうが、意外とその後は険悪にはならない気もします。

後輩さんのせいだけでイライラしてしまうなら、みちるさんの“怒りっぽい”認定はちょっと待ちましょう。上記のような理由なら、ちょっと言ってしまうのも手かもしれません。少しでも共通点があるならば、なのですが、どうでしょう。「後輩さん、前の私みたいなの。だから同じミスをしてほしくなくて。キツくなっちゃうんだ……」的な台詞を、人けのないオフィスで、飲み物でもおごりながら(お菓子だとポップになっちゃうんで)、夕日をバックに寂しげな感じで、というのは可能ですか?

後輩さんはみちるさんのイライラの理由がしっかり分かればかなり落ち着くと思います。イライラされる、焦る、散漫になる、ミス、またイライラされる――のお互いのループを脱出するには2人の共通点が必要です。ネガティブな共通点でもちゃんと共有すれば、カバーしながら前に進めるかもしれません。出会ってしまった2人、先輩としてのプレッシャーもあると思いますが、向き合って成長につなげていきたいところです。

大手小町「お悩み相談」のお悩みアドバイザー・壇蜜さん
壇蜜(だん・みつ)
タレント

 1980年12月生まれ。昭和女子大学卒業後、多くの職業を経験。調理師、日本舞踊師範の免許・資格を持つ。2010年に29歳の新人グラビアアイドルとして注目を集める。映画やテレビなど活躍の場を広げ、「新・壇蜜日記 人妻は嗜好品」(文春e-Books)、「三十路女は分が悪い」(中央公論新社)、「結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2」(文藝春秋)、「はんぶんのユウジと」(文藝春秋)、「壇蜜歳時記」(大和書房)、「死とエロスの旅」(集英社)など著書多数。猫と熱帯魚を飼っている。

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

壇蜜さんのお悩み相談回答はこちら

Keywords 関連キーワードから探す