【お悩み相談】30代、仕事に結婚…何一つ報われず、虚しい

お悩み相談は、キャリア、恋愛、仕事と子育ての両立……働く女性の悩みや不安に、人生経験豊富な「お悩みアドバイザー」が回答します。

私は自分の好きな仕事、夢だった仕事をしていますが、なかなか思うように成果を出すことができません。同業者からマウントを取られる上に、仕事相手にいいかげんなことをされるといったことが続いています。
学生時代にいじめを受けてきましたが、それをバネにがんばってきました。それが、最近は「本当に人生は理不尽で報われない」と改めて思うようになりました。周囲には仕事も結婚もいくつも幸せを手に入れた人が多いのです。先に書いたマウントを取ってきた人は、ほかの仕事相手にいい人ばかり当たって順調に仕事がうまくいっており、それを自慢するようなことをしても周囲から嫌われることもなくて、正直うらやましいです。
同時に「たったひとつの夢すらちゃんとかなえられない、たったひとつの幸せを手に入れることすらできない自分は一体何なんだろう」とむなしく、自分が情けなく思えて仕方ありません。「これまでつらい思いをしてきた分くらいは報われたい。幸せになりたい」。そう願うのは期待しすぎでしょうか。こんな気持ちにどう向き合えばいいのでしょうか。(ハンドルネーム 30代・迷える牛)

 A.「うらやましい人」に素直にアドバイスを求めては?

大手小町のお悩み相談に回答するモデルの押切もえさん

ご相談をありがとうございます。

何をやっても報われない。私も昔、そう感じた時があります。以前書いた小説の中でも、登場人物にちょうど同じような気持ちを吐露させたことがありました。

文章後半から「迷える牛」さんは、今、とてもしんどいんだろうなあ、というのが伝わります。自分を情けなく思う理由なんてないのに。ご自身を苦しめることはやめて、時々でもいいから、もっと自分に優しくしてあげてほしいな、と思いました。

本当にストレスがたまった!という時は、自分自身にねぎらいの言葉をかけるのもいいと聞いたことがあります。「いつも頑張っているね。ちょっと今日はゆっくり休もうか」とか、「たまたまうまくいかない時もあるよね。おつかれさま」とか。

冒頭でもお伝えしたように、私も昔、仕事を始めたばかりの時、うまくいかないことが続いて、「向いてないのかな」「なかなか報われないな」と感じた時があります。

でもその時、そのまま卑屈な気持ちでいたら、もっと流れが悪くなるような気がしたので、すぐに気持ちを切り替えるようにしました。周りを冷静に眺めて、うまくいっているように見える人は、うまくいっているから笑顔になれるというのもあるけれど、反対に、どんな時も笑顔でいるから、周りの人にまで元気をあげられたり、良い流れに乗れたりするのかもしれないと思ったからです。

そして、「うらやましい人」について。

私の場合、うらやましいと思ったら、素直にお話を聞いてしまいます(笑)。

「すごいですね! さすが!」と素直に思いを伝えて、「いつもどんなことを心がけたら、そんなふうにうまくいくんですか?」と。相手の方が、自分の優位性をアピールするような人だったらなおさら、聞きやすいですね。

聞く時はタイミングを見計って、相手の状況や顔色をうかがいつつ、迷惑にならない範囲でさらっと。

はっきりした答えが返ってこないこともあるけれど、もしかしたら、仕事や対人関係で心がけていることや良いヒントを聞けるかもしれません。

「迷える牛」さんは、好きで、夢だった仕事に就けているといいます。

今は、悪い部分に気が向いてしまって、良い部分に目が向きにくいのかな、と感じました。ここで立ち止まったことを良い機会と捉えて、一度視野を広げてみたり、ご自身やご自身の環境の良いところを見つめ直したりするのはいかがでしょうか。

押切もえ(おしきり・もえ)
モデル、小説家

 1979年生まれ。千葉県出身。雑誌「Popteen」などの読者モデルを経て、女性誌「CanCam」、「AneCan」の専属モデルとして活躍。2013年小説「浅き夢見し」で小説家デビュー。16年には小説「永遠とは違う一日」が山本周五郎賞にノミネートされた。15年、16年、17年と3年連続で「二科展」で入選するなど、多方面で才能を発揮している。

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

Keywords 関連キーワードから探す