【お悩み相談】20代事務職、先輩のミスの“しわ寄せ”はイヤ

お悩み相談は、キャリア、恋愛、仕事と子育ての両立……働く女性の悩みや不安に、人生経験豊富な「お悩みアドバイザー」が回答します。

20代事務職の女性です。数か月前に部署を異動したのですが、その部署の「仕事が速い」先輩のことでモヤモヤしています。
異動前から、その人の「仕事の速さ」についてうっすらと耳に入っていました。同じ部署になることで実際に仕事ぶりを見られるので、「どのようにすれば仕事が速くなるのか。そのスキルを取り入れられればいいな」と、私は内心思っていました。
けれど確かに仕事は速いのですが、雑で、非常にミスが多いということがわかりました。
そしてそのミスは、彼女の周囲の同僚たちがカバーしていたため、部署以外では知られていないのです。会社に損害を与える種類のミスではないので、なぜか上司も大目に見ているようです。
その人は「速い」ということに、どうも命をかけているようなので、早く終わらせればそれでいいと信じているようです。もちろん上司から指摘はあるのですが、まったく落ち込んでいるようには見えませんし、自分のミスを気に留めていないようです。
いまのところ私には何も影響はないのですが、その人のミスの「尻ぬぐい」をいずれやらなければならなくなるのかも……と思うと、理不尽だし、気が重いです。
どのような心持ちでいたらよいでしょうか。アドバイスをよろしくお願いします。
(ハンドルネーム:杏子)

大手小町のお悩み相談に回答するタレントの壇蜜さん

A:まずは先輩の時間感覚と自分の感覚とをすりあわせてみましょう

最初はちょっと光栄に感じていた先輩との縁が、今は憂鬱ゆううつの種に……。杏子さんの落胆はなかなかのものだと思います。まさに、思ってたのと違った……ですよね。

先輩を中心として回ってきたようなリカバリー団体の中に、新入りとして入っていくのはなかなかしんどいでしょう。しかし、それで成り立つ部署というのは不思議ではありませんか。モヤモヤするより、まずは杏子さんが新入りとして「ナニモワカラナクテ~(棒読み)」の立場を利用しながら上司がどうしてかばうのか、周囲はなぜ黙認しフォローに回るのか、を自分なりに聞き込んでみることが必要かもしれません。

もしかすると、様々な紆余うよ曲折を経て、今の先輩の仕事スタイルが、彼女にとっても周囲にとっても適材適所という可能性もあります。フォローに回れない、何かを提案する力もなかった、だからといって見放すと歯車が狂いそうで――。そんな人がやっと“速さ”という長所にたどり着いたとしたなら、杏子さんも少しは納得しながら仕事ができるような気がするんです。

もしどうしても部署としての改善を、というなら時間は更にかかるでしょう。まずは先輩と時間を共有し、「待ってくださいよ~先輩ぃ~、速いなぁ」的な立ち位置で、彼女の時間感覚と杏子さんの感覚とをすりあわせてみるところから始めてみてはどうかと。

理不尽な骨折り&気遣いに疲れてしまうかもしれませんが、今の他者に使う労力は未来のラクのためと考え、ちょっと頑張ってみませんか。

壇蜜
壇蜜(だん・みつ)
タレント

 1980年12月生まれ。昭和女子大学卒業後、多くの職業を経験。調理師、日本舞踊師範の免許・資格を持つ。2010年に29歳の新人グラビアアイドルとして注目を集める。映画やテレビなど活躍の場を広げ、「三十路女は分が悪い」(中央公論新社)、「結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2」(文藝春秋)、「はんぶんのユウジと」(文藝春秋)、「壇蜜歳時記」(大和書房)、「死とエロスの旅」(集英社)など著書多数。猫と熱帯魚を飼っている。

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

壇蜜さんのお悩み相談回答はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三十路女は分が悪い (単行本) [ 壇蜜 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/12/22時点)

Keywords 関連キーワードから探す