【お悩み相談】婚活10年、努力しても結婚できない! 切なくなります

お悩み相談は、キャリア、恋愛、仕事と子育ての両立……働く女性の悩みや不安に、人生経験豊富な「お悩みアドバイザー」が回答します。

40歳独身、10年間婚活をしています。何度お付き合いしても、なぜか結婚には結びつきません。既婚の友人などからは、「相手を選んでいるからだ」「相手を嫌いでなければ、結婚するのはなんとかなる」などとよく言われます。そういう言葉へのスルースキルは身に付けましたが、世間の見ず知らずの人たちが、あまり努力もせず、すんなり結婚し子どもを授かって幸せそうにしているのを見ると、無性に切なくなります。
もちろん、人と比べてもしょうがないし、婚活の努力が必ずしも実を結ぶわけではないのは重々承知しています。いままで通算100回以上の飲み会だけでなく、複数の結婚紹介所に登録したり、友人に紹介してもらったりしました。その結果、お金をたくさん使う代わりにストレスを持ち帰ってくることの繰り返ししかありません。
ある時、「嫌いではないけど好きでもない人と、人生の時間を共有して果たして幸せなのだろうか」と自問しました。たどり着いた答えは、「私は好きな人と家族になりたい」でした。
現在、このまま付き合えば、すぐ結婚に結び付くだろう相手はいます。でもその人と何回会っても、幸せと思えないのです。そういう“妥協”をしてまで、結婚はできません。
結婚していないことがそんなにいけないのでしょうか。
努力しても一向に手に入れることが出来ない“家族”を、易々と獲得している人たちが多い現状を目にする度に、私の苦しみは増す一方です。私は一体どうしたらいいのでしょうか? アドバイスをいただければ幸いです。よろしくお願いします。
(ハンドルネーム:バレーボール大好きだった人間)

タレントの壇蜜さん

A: まずは体を休めて、妥協ではない考えを作るのも必要

バレーさんと呼ばせていただいてよろしいでしょうか。

まず、よく自己分析をされていますね。周囲の雑音のような意見だってスルーされている。非常に聡明な方だとお見受けします。複雑な気持ちの中、婚活をされるのはさぞかし難儀でしたでしょう。出会うすべての人や出来事に真摯に向き合っているバレーさんは素敵です。しかし、それが今はお疲れの原因となっているのかもしれません。決められた婚活のフィールドで色々な経験と出会いを重ね……疲弊するのは当たり前といってもいいでしょう。

とりあえず、少し婚活から離れて体を休めてみてはどうでしょう。広いお風呂、ふかふかの布団、いつもと違うご飯……気分を変えられるような時間を自分に与えてあげてください。無駄なスペースを脳内に作りましょう。

そして、バレーさんにとって「好き」がどんなものかをもう少しだけ掘り下げてみましょう。もしかすると、好きと結婚が結びつかない場合だってあるのです。好きな人と家族になりたいのは自覚していらっしゃる。ならば、家族になる方法は本当に結婚するしかないのか、も考えてみましょう。仲間のような、きょうだいのような近さも家族みたいな関係と言えますもの。確かに結婚は家族をつくるメジャーな方法かもしれませんが、私の周りには結婚せずに養子を迎えたり、同性の仲間たちと生活を共にしたりする家族がいます。色々な考え方があり、家族があり、出会いがあるように思います。まずは体を休めて、妥協ではない考えを作るのも必要です。

そして、どうしても隣の芝は青く見える現象も受け入れておきましょう。一見何の問題もないような夫婦や家族にも、何かしらの問題はあります。私は仲良し家族を見て羨ましいと悔やむ知人に、「いやいや、実は夜な夜な奥様がお皿をトンカチで割って、たまったストレス発散してるかもよー」と妄想を伝えて、仲良し家族イメージをゆるやかに破壊する「幸せ家族妄信破壊委員会」会長でもありますから。幸せ家族妄信にあてられて困ったときはぜひ呼んでくださいな。

壇蜜
壇蜜(だん・みつ)
タレント

 1980年12月生まれ。昭和女子大学卒業後、多くの職業を経験。調理師、日本舞踊師範の免許・資格を持つ。2010年に29歳の新人グラビアアイドルとして注目を集める。映画やテレビなど活躍の場を広げ、「三十路女は分が悪い」(中央公論新社)、「結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2」(文藝春秋)、「はんぶんのユウジと」(文藝春秋)、「壇蜜歳時記」(大和書房)、「死とエロスの旅」(集英社)など著書多数。猫と熱帯魚を飼っている。

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

壇蜜さんのお悩み相談回答はこちら

Keywords 関連キーワードから探す